読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


Google

【Google】Flash広告を全面的に廃止し、HTML5に完全移行することを発表

GoogleはFlash広告を全面的に廃止し、HTML5形式へ完全移行することを発表しました。重要な情報は必ずテキスト表記をすることが望ましい理由は「閲覧しているユーザーの知りたい情報をしっかり表示して伝えてこそのコンテンツ」だからです。

【Google】リンクプログラムのネットワーク(リンク売買)に通常よりも厳しいペナルティを実施

Googleは検索結果を不正に操作するためにリンクの売買を行っていた日本語のいくつかのサイトネットワークに対して通常より厳しいペナルティを与えました。今はコンテンツの質で勝負出来るので個人サイトでも大手サイトより検索上位表示は充分可能です。

【SEO、SEM】Googleはアナリティクスを検索に利用していない。AdWordsもSearch Consoleも利用していないのか

Googleは検索評価にGoogleアナリティクスのデータを利用していません。AdWordsもSearch Consoleも利用していないと思われます。ユーザーのためにコンテンツを作り、価値を与えていれば噂に振り回されることもなくなります。

【SEO】Google検索事業の後任はAI(人工知能)分野の責任者に。RankBrainが強化されるか

現在のGoogleの検索事業を統括していた方が退職し、後任は人工知能事業の責任者である方が就任することが決定しました。この人事によって人工知能の技術でもある検索アルゴリズムのRankBrainが更に強化されることになると私は考えています。

【Google】サーチコンソールの総リンク数と詳細リンク数が一致しない理由はあえて加工しているから

サーチコンソールの総リンク数と詳細リンク数が一致しない理由はあえて利用者にとって役に立つように加工されているからです。どんなサイトからリンクが貼られているかを把握し、必要があればリンク否認を行って自分のサイトの価値を高めることに努めましょ…

【SEO】サイト全体の共通テンプレート(ヘッダー、フッターなど)からのリンクは価値が低い

サイト全体の共通テンプレート部分についてはGoogleはメインコンテンツとみなさない、すなわちコンテンツのSEO(検索評価)に共通部分はあまり影響を与えません。もし迷うことがあればリンクにはnofollowをつけておけば間違いありません。

【SEO】過去の行いによる評価は良くも悪くもドメインに残っていることがある

ドメインの過去の行いによる評価は良くも悪くも残ることがあるので、新しいドメインを取得する際は調べることをおススメします。ネガティブSEOが今だに有効であり、過去の行いによる評価がドメインに残ることからもペナルティを受けると簡単には消せません。

【Google】次のペンギンアップデートは四半期中(3月まで)に実施予定

Googleのゲイリー・イリーズ氏がペンギンアップデートは3月までに実施する(早ければ数週間以内に実施)予定だと発表しました。ユーザーのためでないコンテンツの検索評価を落とすことこそがペンギンアップデートなどに代表されるアルゴリズム更新です。

【SEO】アルゴリズム更新を追いかけるのではなく、うまく生かすコンテンツ作りを行おう

SEO施策ばかりを追いかけて肝心のコンテンツが伴っていないという本末転倒にならないように。ユーザーのことをしっかり考えて作られたコンテンツはSEOに強くなり、更にはバズることにもなる、それこそがサイト管理者が狙うべき結果論なのです。

【SEO】関連記事へのリンクでユーザーに良質な情報を提供することは結果的にSEOでプラスとなる

リンクがSEOに有効であるかどうかという観点から語れば、適切なリンクは外部、内部リンクに関わらずSEO(検索評価)ではプラスに働きます。コンテンツの質やユーザビリティの向上などユーザーにとって有益なことこそがSEOの本質です。

【SEO】titleタグの重要度は下がり、モバイル検索結果はタイトルの書き換えが起こりやすい

今は検索キーワードと一致するタイトルばかりが評価されるというわけではなくなった、むしろ検索ニーズ(意図)をGoogleが的確に判断して検索結果に表示するようになりました。大切なのはコンテンツを的確に表したタイトルにすることです。

【SEO】ペンギンアップデートではないランキングアルゴリズムの中核部分の更新にて順位変動が発生

2016年1月に起きた大幅な順位変動はペンギンアップデートではなくランキングアルゴリズムの中核部分の更新によって起きたことでした。「検索ユーザーにとって適切であり、有益な情報を届けること」こそがGoogleの、検索エンジンの原理原則です。

【SEO】Fetch as Googleのもう一つの機能「取得してレンダリング」で正しくクロールされているか確認しよう

「Fetch as Google」にはクローラーがどのようにレンダリングしているか、即ち、正しくクロールされているかを確認出来る機能があります。JavaScriptやCSS、画像を変更した後に不安になったなら是非確認を行ってみてください。

【SEO】HTTPからHTTPSに移行してもリンク評価は下がらないことをGoogle社員が明言

一般的に別のURLへのリダイレクト(転送)処理をすればリンク価値は下がると言われていますが、Google社員がHTTPとHTTPSのプロトコル違いの場合はその限りではなく、リンク評価はそのままに受け渡されることを明言しました。

【SEO】2016年こそ心がけておきたいコンテンツ重視のSEO4つの項目

当ブログのエントリーからSEO関連のエントリーに絞って、2016年こそ心掛けておきたいコンテンツSEOについてまとめました。理解することで小手先のSEOに捉われることなく、コンテンツの質を高めることだけに集中して作成を行うことが出来ますよ。

【ブログ運営】アクセスの多い2015年のエントリーまとめからブログ運営を考える

公開している期間が長い記事ほどアクセスを集める機会が増えると言えますが、逆に公開期間が短いのに一定のアクセスを集める記事は今後もアクセスが伸びることが期待できる(扱っているテーマにニーズがある)とも言えます。資産となる記事を増やしていきま…

【SEO】「複数のh1はダメ」「被リンクは価値がない」「HTTPSが有利」という言葉だけを真実としない

言葉だけでなく理由と前提条件を踏まえ、かつ自分の状況も鑑みてユーザーのためにSEO施策を行いましょう。そうすれば本当にそれが必要なSEO施策なのか分かりますし、やるべき施策としても自分のサイトにおけるプライオリティ(優先度)も自ずと分かります。

【SEO】URLのディレクトリ階層はクロールとインデックス、SEOにて影響を与えることはない

URLの長さは検索順位に影響を与えませんし、ディレクトリ階層が浅いからといって検索評価で影響を与えることもありません。ユーザーにとっては矛盾する部分もありますがユーザーが「どちらを求めるか」、管理者としても「どちらを求めるか」で判断しましょう…

【SEO】GoogleがHTTPSページを優先してインデックスする(検索結果に表示する)ことを発表

HTTPSページがどこからもリンクされていなくても接続ができ、かついくつかの条件に当てはまる場合はHTTPSのURLを検索結果に優先表示させます。今回の調整はあくまで検索ユーザーに安全なページを届けることを目的とした調整でSEOに影響しません。

【SEO】HTTPS化が無料のサービスが登場。他サービスも追随することになるか

HTTPSに必要なサーバー証明書を無料で自動発行するサービスが一般のユーザーも利用できるようになりました。とはいえHTTPSはSEOで有利だから導入するのではなく、ユーザーのセキュリティのことを考えた上で導入するものだと理解してください。

【SEO】Googleの考える重要になる4つの要素は「音声・コンテキスト・場所・個人情報」

ユーザーの検索状況、デバイス、入力が多義に渡る今、どのようにSEO(検索)に適したコンテンツを提供すればよいでしょうか?答えはユーザーの利便性を上げ情報と価値を提供することです。ユーザーの満足度が高くなれば検索順位は上がる、これがSEOの本質で…

【SEO】手動ペナルティを解除すれば評価を下げられたままにはならないが未然に防ぐことも大切です

手動ペナルティを受けた後、再審査にて違反が解決できていると認められればちゃんとペナルティは解消され後に引ききずることはありません。期間が長かろうと短かろうとペナルティは極力受けたくないので前もってリンク否認を行うなど未然に防ぐことも大切で…

【SEO】手動ペナルティはなくならないので常にネガティブSEOには注意しておこう

「ネガティブSEO」を避けるためにも、実際にペナルティを受ける前にしっかり対策を打つためにも、手動対策メッセージは常にチェックしておきましょう。また、ペナルティを受けたときは速やかにリンク解除の経緯や作業内容を詳しく報告するようにしてください…

【SEO】11月の順位変動はファントムアップデート(クオリティアップデート)だったという推測あり

今回のアップデートを海外ではファントムアップデートと呼んでいるようでクオリティアップデートでもあるのではないかと推測されています。結局は高品質なサイトは上位表示されるという結論に収束されますのでこれを心掛けてサイト構築、コンテンツ作成しま…

【SEO】生活者のおせち購入行動から考える検索意図(ニーズ)の捉え方

検索ユーザーのニーズを考えるときはそれに関連する他のキーワードも一緒にピックアップしてから想定をしましょう。SEOに強いサイトにする(検索流入を増やす)ときは検索流入を増やすのではなく、検索流入のニーズを読むと考えコンテンツを作成するのです。

【SEO】順位変動はペンギンアップデートの前触れ?予告通りに年内に実施されるか

次回のペンギンアップデートからリアルタイム更新に変わることは以前からも公言されていたことですが、Googleのイリーズ氏がそのアップデート内容がただのデータ更新ではなく、アルゴリズムの更新である(大幅な変更である)ことを公言しました。

【SEO】更新頻度は検索順位には影響しない。頻度よりも大切なものとは?

ページ(情報)の切り分けや以前との検索環境の違い、他サイトとの兼ね合いと理解出来れば、更新頻度が検索順位には影響しないことが分かります。大切なのは有益なコンテンツを提供することでサイトの質も上げること(特にコーポレートサイトは信用、信頼)…

【SEO】Google社員のアドバイス「SEOでやるべき&やってはいけないこと」

自分が発信する情報を欲しているユーザーに的確に届けることを意識して(ターゲッティングして)コンテンツを作成、提供することこそSEOの王道です。潜在顧客のニーズに応えるコンテンツだからこそ検索エンジンの評価も向上する、原理原則だと理解しましょう…

【Google】モバイル検索にてインタースティシャルはペナルティ対象となります

※ 2015/11/5:説明を(長いですが)追記しました。 モバイルフレンドリーアルゴリズムを更新 Googleから以前より告知されていたように、先日(11月2日)、モバイルフレンドリーアルゴリズムの更新が行われました。 その旨がGoogle+で告知されています。 An u…

【SEO】Googleはコアアルゴリズムの変更については特に発表しない

原理原則をしっかり理解していれば問題なし 『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「グーグル、中核アルゴリズムについては更新を発表せず | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「グーグル、中核アルゴリズムについては更新を発表せず」…

【SEO】インデックス削除した「つもり」にならない確実な検索避けの方法

noindexタグとrobots.txtの併用はダメ 『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「検索避けをするには? → noindexタグもrobots.txtも指定 → 逆効果だったorz などSEO記事まとめ10+4本 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」に、インデックス削除にお…

【SEO】GoogleがAI(人工知能)「RankBrain」の新アルゴリズムを導入済みであることを明らかに

※ 2016/2/21:Googleの検索事業を統括していたAmit Singhal氏が退職し、後任は人工知能事業の責任者であるJohn Giannandrea氏の就任が決定しました。この人事によって検索アルゴリズムのRankBrainが更に強化されることになると私は考えています。 Google検索…

【SEM】サメ、クジラ、ゾウ、イルカの商品はAdWords広告に出稿出来ません

絶滅危惧種を使用した商品はリスティング不可です 『AdWords 日本版 公式ブログ』のエントリー「Inside AdWords-Japan: Google ショッピングの絶滅危惧種ポリシーに違反する商品例のご紹介」に、GoogleではAdWords、Googleショッピングともに絶滅危惧種を使…

【検索】米Yahoo!と米Googleが提携し、検索情報を提供へ

検索エンジンの精度が上がる? 『AdverTimes(アドタイ)』のエントリー「流入獲得コストの急増重く 米ヤフー、グーグルと検索で提携 #販促会議 | AdverTimes(アドタイ)」にて、米Yahoo!が米Googleの検索サービスの提供を受けることに合意したことが報じら…

【Google】その名は「ゾンビアップデート」。米Googleで順位変動が起こっているようです

Googleが公式に発表したわけではありませんが2015年10月に大幅な検索順位の変動が起こりました。これを「ゾンビアップデート」と呼んでいます。今後はペンギンアップデートもリアルタイムで更新されます。コンテンツの質の向上に専念しましょう。

【SEO】「コピーサイトに負けるのは、あなたのサイトの品質に問題があるから」とGoogleが言うのなら

なぜオリジナルがパクリに負ける? 『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「コピーサイトに負けるのは、あなたのサイトの品質に問題があるから!? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「コピーサイトに負けるのは、あなたのサイトの品質…

【SEO】ハッキング対策アルゴリズム(排除フィルタ)は、サジェスト汚染の「儲かる系キーワード」を対象にするか?

スパムが多いクエリ=儲かる系キーワード 『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「コピーサイトに負けるのは、あなたのサイトの品質に問題があるから!? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「グーグルのハッキング対策アルゴリズムは、…

【SEO】パンダアップデートからの回復は削除よりも追記、リライトで改善するべき

経験則は間違っていなかった 『海外SEO情報ブログ』のエントリー「「パンダからの回復には低品質コンテンツの削除ではなく高品質コンテンツを追加すべき」とGoogle社員が推奨 | 海外SEO情報ブログ」に、Googleのゲイリー・イリーズ氏のTwitterの発言より、パ…

【SEO】リアルタイム更新のペンギンアップデートが年内には実施されます

今後のペンギンアップデートはリアルタイムで実施 『海外SEO情報ブログ』のエントリー「ペンギンアップデートの次回更新は間もなく実施、今後はリアルタイム更新に | 海外SEO情報ブログ」に、Googleのゲイリー・イリーズ氏がペンギンアップデート更新を間も…

【SEO】「Fetch as Google」はすぐにインデックスするものではなく、リクエスト送信をするだけのものです

Fetch as Googleはリクエスト送信をするだけのもの 『VALID SEOのSEOや上位対策ブログ』に「Fetch as Googleが効き辛いと思ったらサーチコンソールのデータ更新かも?」というエントリーがアップされていました。 そのエントリーにて、Fetch as Googleを行っ…

【Google】通販系・ブランド系クエリのスパム排除のためのフィルタを導入済(Yahoo!も同様)

※ 2015/10/6:Googleウェブマスター向け公式ブログの記事へのリンクを追記。今回のアルゴリズムの変更(フィルタ)は、およそ5%のクエリ(通販系に限らず)に影響するとのことです。 悪質なスパムサイトを排除することを目的としたフィルタ Googleが一部の通…

【Google】BlogspotにもHTTPSを導入。他のブログサービスはどう動く?

※ 2015/12/14:BloggerもHTTPS化したことを追記。 他のブログサービスはどう動く? Googleは今日から同社のブログプラットホームBlogspotにHTTPSを導入したことを『TechCrunch Japan』のエントリー「GoogleのブログプラットホームBlogspotがHTTPSをサポート …

【Google】ガイドライン違反(例えばスパムリンク)を繰り返しているサイトは更に厳しい対処を実施(Seesaaが対象に?)

※ 2015/9/19:Amebaの木村賢さんのTweetを文末に追記。Seesaaの公式発表も追記。 例えばスパムリンクは更に厳しい対処に Googleが『ウェブマスター向け公式ブログ』のエントリー「Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブマスター向けガイドライン違反…

【SEO】モバイルやHTTPS、パンダ・ペンギンアップデートについてGoogle社員が語る

どれも基本で大切なこと 『海外SEO情報ブログ』のエントリー「Googleの中のひとが、モバイル・HTTPS・パンダ・ペンギンについて語る | 海外SEO情報ブログ」に、Googleのゲイリー・イリーズ氏がモバイルやHTTPS、パンダアップデート、ペンギンアップデートに…

【Google】Search Consoleに限らず、Googleのツールでもバグが起こることがあります

当ブログも8月23日にインデックス数が急落しました 『Web担当Forum』のエントリー「Search Consoleでインデックス登録ページ数が突然減少! 何があったのか | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「Search Consoleでインデックス登録ページ…

【SEO】Googleがすべてのページをインデックスするとは限りません

普通にあることだが、どうしても不安になってしまう 『Web担当Forum』のエントリー「HTTP混在コンテンツはHTTPSページとして評価されなくなるかも | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「すべてのページがインデックスされないのは普通に…

【Google】インタースティシャル設置ページはモバイルフレンドリーとみなさないことに

※ 2015/9/3:Googleのインタースティシャル規制について、日本語版公式ページのリンクを追記。 モバイル検索順位が下落します Googleは、モバイル検索から流入した際に「アプリのダウンロードを促すインタースティシャルがページの大部分を占めているページ…

【SEO】コンテンツの整合性は取れていますか? 矛盾した情報は混乱を招き、信用を落とします

コンテンツの整合性は取れていますか? 『Ferret [フェレット]』のエントリー「SEOの真実!クリック率を上げるためにはタイトルよりもmeta descriptionが重要|ferret [フェレット]」に、meta descriptionの重要性、及び内部SEOの有効性について、詳しい説明…

【SEO】Yahoo!検索のSSL化の影響度合いは今だ極わずか?

※ 2015/8/28:Googleアナリティクスのビュー(フィルタ)設定方法について書かれた、アユダンテ様のエントリーへのリンクを貼りました。 まだあまり進んでいないようです 先日(2015年8月18日)より段階的に始まった「Yahoo!検索」における検索結果のSSL(HT…

【Google】「見つけられる」チャンスが増える! PCでのGoogle検索結果(英語版)にTwitterのツイートがリアルタイム表示される

日本語版の実装はまだですが… 先日、米Twitterと米Googleが提携合意したことでGoogleの検索結果にTwitterのツイートがリアルタイムで表示されることが決まったことを当ブログでもお知らせしましたが、Googleは8月21日付けのアップデートにより、デスクトップ…

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.