読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【ブログ運営】「好きな事を好きな時に好きな様に書けばいい」は間違いでもある

雑記 ブログ運営 コンテンツ

好きな事を書けばいいという結論に至るけれど

ブログ論になると必ずテーマとなる、鉄板のテーマは「何を書けばいいのか」「どうすれば続けることが出来るか」「どうすればアクセスが増えるか」というテーマです。

 

そして、最終的な答えもだいたい「好きな事を好きな時に好きな様に書けばいい」という結論に至ります。

 

確かにその通りなのでしょうが、それは正解のようで正解じゃないです

なぜなら、ブログの目的によって答えが違ってくるからです。

 

書くこと自体が趣味という人だったり、アフィリエイトで稼ぎたいという人だったり、自分の考え、主張を世に問いたいという人だったり、とにかく多くの人を集めたいという人だったり・・・目的は様々、人それぞれでしょう

 

好きな事を好きな時に好きな様に書いて叶うのなら、こういう議論すら発生しません。

(叶わないから議論が発生するのです。)

 

f:id:s-supporter:20140922034127j:plain

 

全て満遍なく叶えようとするからうまくいかない

では、なぜ叶わない、その方法も簡単に見つからないのでしょうか?

それは全ての目的を混同する、「全て満遍なく叶えようとするからうまくいかない」のです。

 

もちろんどれか一つに絞るのであれば答えはシンプルですし、その方法も簡単に思いつくでしょう。

 

とにかく好きなことを書きたい、書くことが目的だというなら答えは一番簡単です。

誰も見てなくてもいいので「好きな事を好きな時に好きな様に書けばいい」という王道の解答になります。

 

ですが、「アフィリエイトで稼ぎたい」を目的にすると答えは全く違ってきます。

 

ブログを見た人がバナーをクリックしたくなるようにする、リンク先で成約するように紹介文章を書いて、ユーザーのモチベーションを上げないといけません。

 

また、「アクセスを増やしたい」という目的でも答えが違ってきます。


ユーザーが読みたくなるような魅力的な文章を書くことはもちろん、仕組み的にもユーザーが「訪問したくなる」ようにする、SNSでシェアしやすいようにボタンを設置する、定期的に更新して読者を増やし、検索順位を上げるなど工夫が必要になってきます。

 

「好きな事を好きな時に好きな様に書けばいい」は正解ではなくなるわけです。

 

好きな事を好きな時に好きな様に書けばいいというのは、自分以外の誰も読者を想定していないときだけ有効な解答です。

 

好きな事を好きな時に好きな様に書くのは「ただの独り言」です。

 

勘違いをしないで欲しいことは、その独り言が他の人にとって面白い、独り言だけど他の人が聞いても楽しいと思われることで初めて価値が出るのです。

(また、その独り言が他の人にとって不快、不愉快であると逆にちょっかいをかけられることもあります。)

 

 

f:id:s-supporter:20140922034739j:plain

自分にとっての正解は・・・

  

プライオリティやウェイトを与える

「全て満遍なく叶えようとするからうまくいかない」のであれば、目的にプライオリティ(優先順位)やウェイト(比重)を与えればいいのです。

 

例えば第一目標は好きなことを書くことだけど、小遣い程度は稼ぎたいというのであれば、自分の好きなものやお勧めしたい商品についての魅力をユーザーに分かりやすく伝えればいい。

 

例えば第一目標は自分の考え、主張を世に問いたいことだけど、そのためには少しでもアクセスを集めたいというのであれば、人が読みやすい、理解しやすいように文章を書き、定期的に(継続して)発表すればいい。

 

このように自分が叶えたいこと、目的にプライオリティやウェイトを与えることが出来れば、それを叶えるための方法は色々と考えることが出来るのではないでしょうか。

 

その方法を考えることが出来れば後は実行するのみです。

(もちろん実行しながら微調整を行い、自分に合う方法として最適化していくことも必要です。)

 

大事なのは自分で仮説を立て、考えて行動することです。

 

 

自分にとってのプライオリティやウェイトを今一度考えてみて、方法を探り、ブログを運営してみてください。

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.