読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEM】Google AdWords広告で「モバイルフレンドリー」ラベル導入テストを実施

間違いなく導入されるでしょう

『海外SEO情報ブログ』のエントリー「Google、「モバイルフレンドリー」ラベルをAdWords広告でも導入か? | 海外SEO情報ブログ」にて、GoogleはAdWordsでも、モバイルフレンドリーのラベル表示を行うテストを実施していることが書かれていました

 

また、今回のテストは現在オーガニック検索に導入されているモバイルフレンドリーアップデートは影響しない、AdWordsの品質スコアには影響しないとも書かれていました。

 

今回のテストは(今のところ)日本では確認されていません。

とはいえ日本では確認されていなくても、今後もテストが行われず、日本では導入されることはないとは言い切れません。

 

むしろモバイルフレンドリーアップデートが全世界で導入されていることを考えればテストで終わることはない、日本でもいずれ導入されると私は考えています。

 

スマートフォンを見ている女の人の写真

リスティング広告もモバイルフレンドリーに。

 

ラベル表示はアピールにもなる

今回のテストはAdWordsやYahoo!スポンサードサーチのような、いわゆるリスティング広告を既に運用している方にとってはそんなに騒ぐこと、驚くことではないでしょう。

 

なぜなら既にデバイス別にLP(ランディングページ)を使って、運用をしている方が多数であると考えられるからです。

 

今現在使っているスマホ用LPを「流用して使えばいいだけだ」という発想にたどり着くでしょう。


ただし、モバイルフレンドリーなLPとして認定されるためには、オーガニック検索とは異なる条件を満たす必要があるかも知れませんので、そっくりそのまま流用できるとは言い切れません。

 

導入された際には、出稿する前にしっかり確認することが必要ですね。

 


また、今回の仕様の導入、ラベル表示はスマホ用LPにとっては絶好のアピールポイントと成りえるでしょう。

 

なぜなら今はスマホ用のLPであってもラベル表示はされませんが、導入されたなら「LPを開く前にスマホ用LPだとユーザーに知らせることが出来る」からです

 

スマホで検索しているユーザーがスマホ用LPでないページを、ラベルがないLPを積極的に開こうとは思わないからです。

 

もし、スマホ用のLPを持っていない、運用していないのであれば、これを機にスマホ用LPを作ってみるといいかも知れませんね。

(スマホユーザーを意識して作ることで、導入が決まった際にはすぐに審査に出せますし、先んじることがアドバンテージとなるからです。)

 

 

リスティングからの流入だからこそ

せっかく広告枠であるリスティングから流入してくれたにも関わらず、LPが見にくい、使いにくいことでコンバージョンせずにユーザーを逃がしてしまうことは避けたいところです。

 

オーガニック検索(SEO)も、リスティング(SEM)も、どちらも「検索からの流入」でありますが、ユーザーが求めるもの、目的が違うことをしっかり意識しつつ、ユーザーの利便性を常に考えてLPの作成を行いましょう。

 

特にリスティングは「広告」です。

出稿費がかかっていることはもちろんですが、ユーザーに伝えたい、アピールしたいことをしっかり届けることを強く意識したLPを提供するようにしましょう。

 

 

今回のテストに限らず、モバイル検索でのオーガニック検索(SEO)では、表示速度まで表示されるかもしれない(テスト中である)ことを考えると、Google検索ではスマホ対応していないサイトは、生き残ることが難しいことになると言えそうです。

 

【Google】モバイル検索で表示速度が遅いページに「Slow」ラベルを付けるテストを実施 - 検索サポーター

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.