読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Google】検索結果のニューストピックに掲載される方法

Google コンテンツ SEO 検索

はてなブログがニューストピックに表示される

去年の11月、Googleニュースに登録されていないサイトのコンテンツであっても、ニュースのユニバーサル検索結果(ニューストピック)に表示されることになったことを、当ブログでも共有情報としてエントリーを行いました。

【Google】「ニューストピック」を導入 ニュースサイトじゃなくても検索表示に - 検索サポーター


そのニューストピックにて、はてなブログが表示されていたということ、また、Google検索でニュース扱いにしてもらう方法についての考察が『カグア』の「Google検索でニュース欄に載る方法」というエントリーに書かれていました。

 

私もGoogle検索でニューストピックに掲載される方法、ニュースサイトとして登録してもらう方法について考えてみたいと思います。

 

考える男の人の写真

どうやるんだろう?

 

先ずはニュースサイトとして認定してもらう

私ははてなブログだから載った(はてなブログは「オーソリティがある」)というよりは、コンテンツがしっかり精査された上でピックアップされたのではないかと考えます。

 

ココロ社さんのエントリーはニュースとしても表示され、通常検索でも表示されています。

本家とニュース配信サイトがヒットする、みたいな感じになってますが、他のはてなブログでいくつか試しましたが、上記のブログが例外っぽいので、個々に申請したか、そう認定されたかなのでしょうね。すごいなあ。

 

引用:

Google検索でニュース欄に載る方法

 

 

以前に『海外SEO情報ブログ』の鈴木さんもニューストピックにエントリーが掲載されたことを書かれていました。

 

Google、「ニューストピック」を全世界で導入。ニュースサイトじゃなくてもユニバーサル検索に表示 | 海外SEO情報ブログ

 

今風に例えるならば、「ニューストピックはGoogleのキュレーション枠」という感じでしょうか。

 

これらの事象から私は、既存のニュースサイトが提供していない情報、「独自の情報、ノウハウ、考察」をユーザーに提供することが出来れば、個人ブログであっても「ニューストピック」にエントリーが掲載されることは可能であると考えます

 

女の人がスマホを見ている写真

キュレーションっぽい。

 

 

ニュースサイト登録してもらう方法

とはいえ、ただユニークなだけの内容、奇を衒うような内容では掲載されることはないでしょうし、「良質なコンテンツ」であればGoogleの検索エンジンに拾われるとはいえ、ここをいつも目指すというのはかなり難しいです

 

実は、個人サイト(ブログ)でもニュースサイトとして登録してもらう方法があります。

 

そのための条件(ニュースサイト登録してもらう方法)を、Googleはガイドラインとして出していますので、これをしっかり読んでみましょう。

 

※ Google ニュースに登録する

Google ニュースに登録する - ニュース ヘルプ


詳細な説明は上記ガイドラインに任せるとして、要約すると以下のようになります。

 

一般的なガイドライン

  • ニュースコンテンツであること : ユーザーにとって重要性と関心の高い題材
  • 報道の基準を守っていること : オリジナル性が高く誠実な報道
  • ニュースの専門性が高いこと :専門性や知識を生かした記事
  • ニュース提供元としてのアカウンタビリティ : 著者の略歴や住所、メールアドレス、電話番号など連絡先の掲載
  • 読みやすさ : 正しい文法、用語を使う

 

技術的なガイドライン

  • 記事のURL : URLは3桁以上の固有の数字が含まれる永続性のあるもの
  • 記事のリンク : 少なくとも 2~3 の単語を含むアンカーテキストのHTMLリンク
  • 記事のフォーマット : HTML形式の記事のみに対応
  • Robots.txtやメタタグ : クロールとインデックスへの登録が可能なサイト
  • マルチメディアコンテンツ : マルチメディアコンテンツは掲載できない。YouTubeからの動画は掲載することが可能

 

また、ウェブマスターツールアカウントからGoogleニュースサイトマップを送信することが推奨されています。

 

※ ニュース サイトマップの概要

News Sitemaps overview - News Help


全ての規準を遵守し、最後にサイトの掲載リクエストを送信することで、やっとGoogleニュースに登録することが可能となります。

 

※ Google ニュースに掲載するサイトを送信する

Submitting your site for inclusion in Google News - News Help

 


これでやっとニュースサイトとして登録してもらうことになります。

・・・かなり大変ですね。

それだけGoogleは慎重かつ、品質の担保を図っているのだと考えられます。

 

ニュースサイトマップの送信は、通常のサイトマップでも大丈夫のようですが、雑多なブログであれば、公共性のないエントリーを送信することを避けるべく、カテゴリで絞って登録するほうがよいと私は考えます

 

また、ニュースサイトとして登録出来たとしても、必ず掲載されるわけではないことを忘れないでください。

 

 

喜ぶ男の人の写真

審査通過キターーーー!

 

審査に通るということはお墨付きを貰うことにもなる

審査に通ると必ず掲載されるわけではありませんが、審査に通るということはGoogleのガイドラインを準拠しているという証拠にもなります

 

「Googleのお墨付きを貰う」だけでもサイト(ブログ)のオーソリティーは上がりそうですし、何より検索結果表示にも良い影響を与えそうです。

(SEO的に良い事は間違いなさそうです。)

 

よりよい情報を提供する、質のいいコンテンツをGoogleの検索エンジンは評価します。

 

そのGoogleが公共性の高いサイト(ブログ)、質のいいコンテンツと評価するのですから、必然的に検索順位の上位表示への影響があると私は考えます。

 


最後に例として、もし、当ブログが実際にニューストピックに登録するとなると、ジャンルを絞って登録(SEO、SEMに特化)すること、アカウンタビリティ(連絡先の表示)、そして、もう一度エントリーをリライトする(もっと質を上げる)ことが必要となりそうです。

 

(それならば公式サイトのほうに新しくコンテンツを作るほうが早い(対応も楽)かもしれません。)

 

いつGoogleのニューストピックに掲載されても恥ずかしくないよう、良質のコンテンツを生み出していけるよう、日々頑張っていきたいと思いました。

 

Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.