読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Google】広告は年内に完全HTTPS化を推奨 一般サイトも必要か?

※ 2015/4/20:HTTPSがランキング要因になっていないように読めるため、文章を修正しました。

広告はHTTPS化を推奨

IT系情報サイト『TechCrunch』に、「Googleは同社のプラットホーム上の広告の“大半を”6月30日までに暗号化する | TechCrunch Japan」というエントリーがアップされていました。

 

Googleは今現在、広告をHTTPSにする作業を進めているとAdWordsブログで説明し、すでにYouTubeの広告とGoogle検索の広告は「大多数のユーザにとっては」暗号化されていると発表しました

 

広告に限らずGoogleは以前より一般サイト(ブログ)のHTTPS化(暗号化)を推奨しており、また、Google検索はもちろんGmailなどGoogleが提供しているオンラインサービスのほとんどはHTTPS化して提供されています。

 

Googleの表明通りに、広告については年内に完全HTTPS化の対応をやっておくべきですね。

(※ この件は広告に関してであり、広告業に関係していないサイト管理者、一般ユーザーが気にすることではないのであまり不安になりませんように。)

 

パソコンを操作している男の人の写真

いつかは全てのサイトがHTTPS化する日がくるかも。

 

一般サイト(ブログ)のSEOは?

これらを暗号化する理由や目的の説明はないが、われ思うに、ターゲティング広告には個人化(パーソナライゼーション)のための機密情報があったりするので、暗号化した方がよい、ということだろう。Googleによればこれは、“HTTPS Everywhere”(どこでもHTTPS)という大きな全社的取り組みの一環であり、前にも言っていたように、検索のランキングのためには暗号化がきわめて重要なのだ。

 

引用:

Googleは同社のプラットホーム上の広告の“大半を”6月30日までに暗号化する | TechCrunch Japan

 

確かにGoogleは一般サイト(ブログ)でも、HTTPS化を推奨しています。

 

このように「HTTPS化はSEOに有効ではないのか?」という推測、噂が以前からあったのですが、Googleのジョン・ミュラー氏はそれを否定(HTTPSにしたからといってランキングの上昇はないと)しています。

 

但し、HTTPSはランキング要因になっていることは確かなことです。

 

【Google】HTTPS対応は検索順位上昇も手動対策や低品質コンテンツの解決にも寄与しない - 検索サポーター

 

今はそこまで大きな影響を与えないと推測されている状況ですし、私の個人的な考えは現段階では一般サイトは急いで対応することではないと考えます。

 

私は本当に必要な時期(多大な影響を与えること)になったら、Googleがもっと大々的に発表するだろうと楽観視しています。

 

 

実際にアクセスが増えたという例も

(今回は広告についてですが)HTTPSへの移行は、長い目で見れば間違いなくユーザーにとっても良いことですし、いつかはすべてのサイトでHTTPSが「スタンダード」になることも考えられます

 

『海外SEO情報ブログ』の鈴木さんは「HTTPS移行後のGoogle検索アクセスの変化は微増? | 海外SEO情報ブログ」で、アクセスが微増(7〜9%の増加率)したとエントリーしています


実際にHTTPSを導入してアクセスが増えた、減ったという例がまだまだ少ないので断定的には言えませんが、ランキング要因になっていることは確かですので、私は「導入して悪くなることはない」と考えます

(「先行投資」と考えて実施しているサイトは結構ありますね。)

 

最近なら『ferret [フェレット]|webマーケティングがわかる・できる・がんばれる』もHTTPS化しています。

 

【追記】

もちろんお問い合わせフォームなど個人情報を入力する、やりとりするサイトであれば従来どおり、該当ページにHTTPSを導入することが望ましいですよ。

あくまでユーザーのために行う施策ですので、SEO(検索)のために導入するという考えは間違いの元です。

 

パソコンを見てびっくりしている男の人の写真

高額なSSL料金、費用を請求されるかも。

 

 

SEOのためと考えると失敗する

「SEOのためにHTTPSを導入する」と考えると失敗するでしょう。

 

その考えは手段と目的を間違えていますし、そもそもHTTPSとは何のために導入するものなのかを理解しないままだと「SEOに有効で~」とのたまう業者の口車に乗せられて、高額なSSL料金や技術費用を請求されることにも成りかねません。

 

また、何よりもセキュリティがしっかりしていても、中身のないコンテンツばかりが検索結果に表示されたらユーザーはGoogleを使わなくなります。

 

Googleとしてもそれは不本意であり避けたいことですので、HTTPS化したからといって検索評価を優遇することにはならないでしょう。

 


HTTPSを導入する暇とお金があるのなら、先ずはコンテンツをしっかり作ることに注力することがよいです。

 

コンテンツをしっかり作ってこそ、SEO施策で検索順位が上がったときの効果も大きいものとなるからです。

 

 

 【追記】

 

説明不足でそう読めてしまう部分がありましたので、文章を修正しました。

(鈴木さん、ご指摘ありがとうございました。)

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.