読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Google】モバイル推奨構成の主要3ポイント

Google スマートフォン コンテンツ リライト

※ 2015/2/7:各条件について説明を追記。

北九州より

今日は北九州からブログを更新しています。

 

なぜ北九州からなのかと言うと、今週日曜日に行われる北九州マラソンに参加するからなのです。

完走を目指して頑張って走ってきます!

 

・・・もし、日曜日に当ブログの更新がなければ「力尽きた」のだと、お察しください。

 


閑話休題。

 

今日は私がいつもチェックしているサイト『Web担(Web担当者Forum)』のエントリー「古い記事を人気コンテンツに変える16個の魔法 など10+4記事 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「モバイル3構成の主要ポイントをグーグルが紹介」についての情報共有、および考察をしてみたいと思います。

 

スマホを持つ女の人の写真

モバイル対応で大切なことです。

 

 

大切なのはGooglebot(検索アルゴリズム)に認識させること

モバイル対応の主要ポイントは以下の3つとなっています。

 

1.レスポンシブウェブデザイン


レスポンシブ ウェブ デザイン は、Google が推奨する設定で、サーバーからどのデバイスに対しても常に同じ URL で 同じ HTML…

 

2.動的な配信


動的な配信 の場合、ページをリクエストするユーザー エージェントに応じて、同じ URL で異なる HTML(および CSS)が配信されます。…

 

3.別々のURL


PC 向けとモバイル向けに 異なる URL でそれぞれの端末に最適化したコンテンツを配信する場合、以下のアノテーションを利用し、Google に対してサイトが…

 

この3つをざっくり解説をすると、上から「デバイスが何であろうとURLが同じ場合」、「URLは一緒だが中身(htmlやCSS)が動的に変わる場合」、「デバイスによってURLが変わる場合」についての説明となっています。


このように3つ並べて書くと、「結局モバイル対応はどれが一番いいの?」と、分からなくなって混乱するのではないでしょうか

 

 

正解は「どれでもよい」です。

 

ここでGoogleが言いたいこと、意図していることは「Googlebot(検索アルゴリズム)にその旨をしっかり認識させてください」ということなので、どれを選んでも正解なのです

 

例えば「レスポンシブデザイン」を採用した場合は、GooglebotがページとCSS、JavaScript、画像を全てクロールできる状態にしておくことが条件になります

 

「動的な配信」の場合は、(1) VaryHTTPヘッダーを使用して、ユーザーエージェントに応じた変更を伝える、(2) Googlebotを他の端末と同様に扱う(ユーザー エージェントの正確な検出)となります。

 

「別々のURL」の場合は、(1) PC用ページに対応するモバイル端末用URLを指すための「link rel="alternate"」タグを追加、(2) モバイル端末用ページに、対応する PC 用 URL を指す「link rel="canonical"」 タグを追加します。

 

(詳細な条件については各ガイドラインをご覧ください。)

 

 

あなたのサイトに合ったものを選ぶ

大切なのはGooglebot(検索アルゴリズム)に認識させることです。

 

ガイドラインに沿ってしっかり対応を行えば、どれを選ぼうと「モバイル対応」を行っているとGooglebotは認識してくれます。

 

もし、どれを選べばよいか悩むのであれば、「自分にとって一番やりやすい(実現しやすい)もの」で選ぶとよいでしょう。

 (今回はケースバイケースなので、「これがいい!」とハッキリ言えないのが辛いところです・・・)

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.