検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Google】著作権侵害サイトの評価を下げるパイレーツアップデート2を実施

パイレーツアップデートがきた!

私が毎日チェックしているサイト『海外SEO情報ブログ』に、GoogleがDMCA(デジタルミレニアム著作権法)に抵触し、検索結果から削除されたケースが多いサイトの評価を下げる検索アルゴリズム、通称「パイレーツアップデート」を実施することがエントリーされていました。


Google、DMCA侵害サイトの評価を下げるパイレーツアップデート2を実施 | 海外SEO情報ブログ


パイレーツアップデート(Pirate Update)というのは、簡単に言うと「著作権侵害件数の多いWebサイトの検索順位を下げる」アルゴリズムです。

 

Googleは専用の著作権侵害の報告フォームからDMCA(Digital Millennium Copyright Act = デジタルミレニアム著作権法)に基づいた著作権侵害の申し立てを受け付けていて、この申立を受け取った(著作権侵害が認められた)Webサイトについて「著作権を無視した運営を続けいているものとして検索順位を下げる」措置を行うようです。


※ 著作権侵害の報告フォームのエントリー方法は同じく『海外SEO情報ブログ』のエントリーを参考に。

無断コピーされたコンテンツをGoogleのインデックスから削除する方法 〜 DMCA侵害申し立てフォームから送信可能 | 海外SEO情報ブログ

 

 

他にも同時に対策しています

また、パイレーツアップデートのアルゴリズム更新とあわせて他に2つの対策、「広告フォーマットの対応」「オートコンプリートの対応」を同時に実施するそうです。

 

 

広告フォーマットの対応とは、音楽や映画などのダウンロードに関連したクエリで表示される広告で、正規のサイトだけを表示するようにします。

 

非公式の動画サイトなどは広告表示からはじかれるということですね。

 

今のところアメリカだけでの実施ですが、世界的な拡大を計画しているとのことです。

 

オートコンプリートの対応とは、DMCAで評価を下げたサイトに関係するようなオートコンプリートでのキーワード候補が表示されないようにします。

 

サジェスト機能でそのサイトに該当するようなワードが表示されなくなるということですね。

(大手の非公式まとめサイト名は、サジェストで結構表示されますよね。)

 

Googleが著作権を侵害している非公式サイトを、なるべく検索結果には出さないように対策をしていることがよく分かります。

 

結論、パクリはダメ、ゼッタイってことです。

 

コピー機の写真

ただのコピペはダメ、ゼッタイ!

 

 

どんなサイトがはじかれる?

私が本サイトで公開している記事や書籍の内容を無断で NAVERまとめに掲載している人が後を絶たないのですが、LINEに通報するのではなくて必ず Google に削除リクエストを出しています。みんながDMCA違反で NAVERまとめURLの削除リクエストを Google に送信して、順位落とされたらいいのに。

 

引用:

Google「パイレーツアップデート」実施、著作権侵害サイト対策を強化::SEM R (#SEMR)

 

 

正に今回の対策がこれでしょう。

(当ブログの過去エントリーも、何度かNAVERまとめに丸々コピペされてた、パクられていました…)

 

NAVERまとめだけでなく、バイラルメディアや個人で運営しているコピペブログも削除リクエストが多く受け付けられ、実際に著作権を侵害していれば検索順位低下が適用されるでしょう。

 

サイトオーナーの皆様、パクられたら積極的に削除リクエストを出しましょう。

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.