読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Google】HTTPS対応は検索順位上昇も手動対策や低品質コンテンツの解決にも寄与しない

検索順位上昇には繋がらない

私が毎日チェックしているサイト『海外SEO情報ブログ』に、GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が、9月26日に開催したウェブマスター オフィスアワーで話したことにについてのエントリー「HTTPからHTTPSへ移行しても目に見えるランキング上昇はないし手動対策の解除にも役立たない | 海外SEO情報ブログ」がアップされていました。

 

とても興味深く、また、以前に当ブログで推測したことが補完される内容でしたので、共有いたします。

 

 

HTTPからHTTPSにただ単に移行するというSEOを目的にしたその変更だけで、目に見える(順位の)変化を期待しない方がいい。HTTPSによるランキングの効果は非常に小さく微々たるものだ。HTTPSにしたからといってランキングの上昇を見られるわけではない。

長い目で見れば、間違いなく(HTTPSへの移行は)良いことだ。ある時点、ひょっとしたら数年後の将来には、今よりも強い要因にするかもしれない。だが今の時点では、そうしたからといって魔法のような優位性というものは得られない。

 

引用:

HTTPからHTTPSへ移行しても目に見えるランキング上昇はないし手動対策の解除にも役立たない | 海外SEO情報ブログ

 

HTTPS対応をやるに越したことはないけれど、すぐにやるものでもない、その効果もとても僅かなもののようです。

 

やはり今は急いで対応するものではないといえます。

 

手動対策や低品質コンテンツの解決にもならない

私たちが見ている問題の1つは、手動対策を受けたりひどい品質の問題を抱えたりしているサイトだ。それらの問題を、ただ単純にHTTPSに移行することで解決しようとしている場合がある。

HTTPSとは関係なく、そうした問題を本当に解決しなければならない。HTTPSに移行することはそうした問題の埋め合わせにはならない。

 

引用:

HTTPからHTTPSへ移行しても目に見えるランキング上昇はないし手動対策の解除にも役立たない | 海外SEO情報ブログ

 

そもそも手動対策や低品質コンテンツの評価を受けるのは、コンテンツそのものの質が低いことによるものなのに、セキュリティだけを頑丈にしたって中身が変わらないのであれば全く意味がありません。

(安全な状態で閲覧したって、中身がたいしたものでなければ意味がありません。)

 

当ブログのエントリーでも書きましたが、「SEOのためにHTTPSを導入すること」は手段と目的を間違えていますし、何よりもセキュリティがしっかりしていても中身のないページばかりが検索結果で返ってきたら、ユーザーはGoogleを見なくなる、そもそも「検索すらやらなくなる」ことにも繋がり、Googleとしてもそれは不本意なので優遇することにはならないでしょう。

【Google】「HTTPS」の推奨及び「コンテンツ著者の権威性」は引き続き追求 - 検索サポーターのアンテナ

 

小手先のテクニックで誤魔化すのではなく、根本の問題になっていることは何なのか(ここでは手動対策や低品質コンテンツの評価を受けたコンテンツ内容が原因)をしっかり理解して、それを解決しないと意味がありません。

 

 

また、HTTPSのセキュリティ以外のメリットとしては、今のところは検索結果にリアルタイム反映されることくらいです。

 

HTTPSを導入する暇があるなら、先ずはコンテンツをしっかり作ること、修正することをやったほうがよいと言えるでしょう。

 

街の中の時計台の写真

いつかはやらないといけないことなのですが・・・

 


ただ、サイトのHTTPS化はGoogleが公式に推奨していることでもあり、「今はまだ」効果がないということだけですので、いずれは対応しなければいけない時がやって来るとも言えます。

 


まだ具体的に対策を行わないとはいえ、心の片隅に置いておいたほうが良いでしょう。

 (実際に対策するとなったときに、急に言われるよりはスムーズに対策を打てると思いますので。)

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.