読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【告知】コワーキングスペース7Fの「ユーザーに受けるネタ(集客)の考え方」に登壇します!

雑記 SEO コンテンツ ブログ運営 ライティング

「ユーザーに受けるネタ(集客)の考え方」に登壇します

既に何度も告知していますが、私の単著「文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート」が、2016年6月6日に発売されました!

 

本書はAmazonの「SNS・ブログ」部門で度々1位となり(本日も1位と2位を行ったり来たりしていますが)、「論文作法・文章技術」の部門でも(一時的とはいえ)3位にもなりました。

 

これも全て皆さまのおかげにほかなりません。ありがとうございます。


そして来る6月25日(土)に、埼玉県大宮市にある「コーワーキングスペース7F」が主催するイベントセミナーにて、私、敷田憲司が「ユーザーに受けるネタ(集客)の考え方」と称して登壇することが決まりました!

 

7Fのサイト

 

今回のイベントセミナーは主に以下のような方にオススメな内容となっています。

  • ブロガーさん
  • ライターさん
  • 企業のオウンドメディア担当のかた
  • 文章力を鍛えたいかた
  • 私に会いたいかた

 

参加費はイベント参加のみは1000円、後の懇親会のみの参加は2000円、両方とも参加の場合は3000円です。

(当日、受付にてお支払いください。)

 

場所やスケジュールの詳細については以下のFacebookページから確認し、参加希望の方はFacebookの「参加ボタン」を押してください。

 

↓ イベント詳細ページ(Facebook)

『文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方』著者の敷田先生に学ぶ”ユーザーに受けるネタ(集客)の考え方”

 

皆さまのご参加、お待ちしています!

 

今回の登壇の経緯

コワーキングスペース7Fは最近「6F」という貸会議室、シェアオフィス事業も始めました。

 

それに伴い、6月より毎月1回ゲストを招いたイベントを企画する予定しているとのことです。

 

そしてその第一回目のゲストとして、光栄なことに私が選ばれたのです!

 

実は私は以前にもコワーキングスペース7Fのイベントセミナーに登壇したことがあり、その時は「SEOやPPC広告、コンテンツマーケティング」について語りました。

 

【告知】「コワーキングスペース7F」で登壇します - 検索サポーター

 

今回のような機会をいただいたのは「私が書籍を出したタイミングとイベントのタイミングが合った」というのが一番の理由でしょう。

 

(実際に献本に伺ったついでに話がまとまったという感じでした。献本に伺った日が6月6日という「6」つながりというのは偶然の一致です(笑))


今回は前述の通り「ユーザーに受けるネタ(集客)の考え方」についてお話しさせていただきます。

 

書籍は絶対に必要ではありませんが、イベント前に購読していただければユーザーに受けるネタ(集客)について更に理解が深まることは間違いありません。

 

必要とあらば書籍にサインもいたします。


(ただし、サインをした書籍はいくら著者のサインとはいえど中古品、古本として買い取りをしてくれない業者もあるので注意してくださいね(笑))

 

文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方

文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方

 

 

 

最後にもう一度告知します

今回の会場となる7F、6Fはとてもよい、おススメできる場所です。

 

7Fはとても居心地のよいコワーキングスペースであり、全席ゆったりとした作りになっていますし、フリードリンクはもちろんWiFiや電源、書籍なども充実しています。

 

また、6Fは大人数で会議を行う場所としてはもちろん、法人化の際の登記する場所としてシェアオフィスを選択するのもよいと私は考えます。

 

(地方の企業が都市部の支店代わりにシェアオフィスを使うというのも増えてきているようです。普通に事務所を借りるとなるとかなり高い経費がかかりますしね。)

 

イベントに興味のある方は是非ご参加くださると共に、今回のお話をいただいた「コーワーキングスペース7F」及び「貸会議室6F」「シェアオフィス6F」をよろしくお願いいたします!

 

『文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方』著者の敷田先生に学ぶ”ユーザーに受けるネタ(集客)の考え方” - 7F Design | Doorkeeper

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.