読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】ブログを定期的に更新することがなぜ正解なのか

雑記 SEO ブログ運営 コンテンツ リライト

ブログ、毎日更新してます?

当ブログ「検索サポーター」は今のところ(開設して一ヵ月半)、毎日更新しています。

このエントリーを合わせると87記事。もうすぐ100記事になります。

 

ところで皆さん、ブログ、毎日更新していますか?

 

「ブログは毎日更新することがよい」といわれるのは、SEO的に良いからとよく言われます。

 

理由は毎日更新することで、検索エンジンのクローラーが巡回してくれることも増えるため、いつも新しい情報がインデックスされるのはもちろん、新鮮さという意味でサイトの評価が上がり、検索順位の上昇にも繋がるという理論が元になっているからです。

 

但し、ここで間違えないで欲しいのは検索エンジンにインデックスされることと、検索順位の評価が上がることは別であるということです。

 

あくまで定期更新は評価される機会を多く生み出すものであり、それをやったからといって検索順位を上げるものではありません。

 

【SEO】更新頻度は検索順位には影響しない。頻度よりも大切なものとは? - 検索サポーター

 

また、SEOに限らない理由では、毎日更新することのメリットとして、ブログの読者に「毎日新しいエントリーが上がっている」という期待感も与えることが出来、リピーター、常連になりやすいということもあります。

 

毎日が無理なら定期的(例えば月、水、金曜日とか、週末のみとか)でもよいと私は考えます。

 

大事なのは、検索エンジンにも読者にも定期的に新しい情報がアップされるということを認識させることであり、質のよいコンテンツを提供することです。

 

 

PCを操作している男の人の写真

どうやったら定期的に読んでもらえるか?

 

RSSとかFeedly登録すればいいのでは?

でも、それなら読者は更新したタイミングで読みにくればいいし、RSSとかFeedly登録しておけば更新したときに通知が来るので、その時にブログを見に行けばいいだけなのでは?

 

それに書き手としても読み手としても一番大事なのは「コンテンツの質」ですよね?

そう考える人もいるのではないでしょうか。

 

 

考え方、視点を少し変えてみましょう。

 

ユーザーが常連になる、RSSとかFeedly登録をしてくれたユーザーがそう決心した理由は何だと思いますか?

もちろん一番の理由はコンテンツの質でしょう。

 

では、そのコンテンツの質がいいというのは、ユーザーがその記事だけを見て「定期的に読むに値する」と判断したものだと言えるでしょうか?

 

ほとんどの読者がその他過去のエントリーや最新のエントリーを読み、かつ、エントリーの投稿日時も見るのではないでしょうか?

 

「よいコンテンツに出会えたけれど、このブログは最近更新が止まっている・・・過去のエントリーが何週間も前(かなり不定期)だ・・・」

 

そういう状態であると「定期的に読むに値しない」という判断を下される、「RSS、Feedly登録するまでもない」と判断されてしまうのではないでしょうか。

 

考える女の人の写真


また、もう少し考え方を変えて、今度はそこに至るまでの過程を考えてみましょう。

 

そのコンテンツに出会えた理由は何でしょうか?

 

色々な理由はあると思いますが、今であれば「SNSでシェアされてきた」、「検索エンジンで検索をかけて見つけた」などが主な理由であると考えます。

 

SNSでシェアされる理由は上記同様、コンテンツの質がよいというのが一番の理由で、他の人と情報共有したいというのもあるでしょう。

 

ですが、そのSNSでシェアしてもらう前に、先ずは一番初めに誰かにそのコンテンツを見つけてもらわないといけませんし、同様に検索エンジンで検索をかけて見つけてもらう(上位表示される)、ユーザーに見つけてもらうことの近道はやはり定期的に更新することだと私は考えます。

 

(今、流行のバイラルメディアみたくSEOに拘らない、SNSで拡散して集客することに主題を置いているメディアもありますが、そのバイラルメディアだって毎日沢山のエントリーを上げていますからね・・・)


新規ユーザーを増やすための窓口を広げる意味でも、また、既存ユーザーをリピーターにする意味でも「ブログを定期的に更新すること」は正解なのです。

 

 

疲れている男の人の写真

 でも、毎日更新するのはキツイよね・・・

 

定期更新に拘り過ぎて質を落とすなら止めたほうがいいけれど

こういう風に書くと「手段が目的に変わってしまう」、とにかく定期的に更新することが目的になり、コンテンツの質を落としてしまうことはよくあることです。

 

また、逆に質に拘り過ぎて更新することが億劫になることもよくあることです。

 


矛盾することですがこの2つのバランスをうまく取る、自分に合ったタイミングを見つけ出すことこそがブログが長続きしていくコツであり、多くの読者を獲得するコツでもあるのです。

 

 

 【追記】

 ブログを定期的に更新することが難しい理由の一つとして、ネタが思い浮かんだときにすぐに更新したくなる、旬のネタを旬のタイミングで投稿したいというのがありますよね。

 

特にタイミングに拘らない、普遍的なネタを投稿するのであるのなら、ネタを暫くストックしておいたり、予約投稿をうまく使って毎日同じ時間に投稿することで定期更新の実現が少しは楽になります。

 

こういった方法を含め、自分のブログスタイルを確立出来るよう工夫してみてください(^^)

 

 

 【再追記】

ブログ運営について、追記的に書いてみました。


【ブログ運営】自分のブログは「雑誌」か「辞書」か - 検索サポーターのアンテナ

 
Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.