読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】モバイルサイトは展開ボタンやタブでコンテンツが隠れても問題なし

SEO 検索 Google スマートフォン

PCとスマホは基準が違うようです

展開ボタンやタブを利用したデザインになっているPCサイトは、標準状態で表示されないコンテンツにおいて「Googleでは検索結果の対象にしない」、即ち、検索されにくくなる(検索順位に影響を与える)かもしれないということを以前のエントリーで書きました。

 


【SEO】コンテンツをタブや展開ボタンで隠すと検索されにくくなる - 検索サポーターのアンテナ

 

ただ、これは(今のところ)PCサイトのみの話のようです。

 

私が毎日チェックしているサイト『海外SEO情報ブログ』にて、モバイルサイトではコンテンツを隠しても通常は問題ないとGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が説明したということが書かれていました。

 


私たちはPC版を見ている。PC向けとモバイル向けが別々のページで、互いを結びつけているならPC向けが正規化されたほうだから、PC向けページを私たちは見ることになるだろう。 そしてPC向けページをインデックスする。

だから、PC向けで見えるのであればそのままにしておいても構わないだろう。モバイル向けページでシンプルにする(コンテンツを非表示にする)ことはまったく問題ない。

これを悪用して、たとえば、PCサイトでは漫画を表示してモバイルサイトではアダルトコンテンツを表示するなんていう状況をみんながやっているのを見つけたとしたら、考えなおさなければならないかもしれない。

でもほとんどの場合、そういったことが意味を成すとは思わない。モバイルとPCですごく違ったものを見せたら、モバイル向けサイトでのそのコンテンツ(の意味)が失われてしまうはずだ。

 

引用:

タブや展開ボタンにコンテンツを隠してもモバイルサイトならSEO的に問題なし | 海外SEO情報ブログ

 

Googleは「モバイル向けページのインデックス」を持っていないという意味にも取れますね。

 

PC向けページのインデックスを見ている(検索に利用している)ということは、モバイルの検索結果はPC向けページで評価していると言えそうです。

 

よって、PC向けページがしっかり作られている、展開ボタンやタブでコンテンツが隠れていなければそれはしっかり評価するので、モバイル向けページでは隠れていても問題がないと言えそうです。

 

但し、アダルトコンテンツなどで悪用する、検索エンジンとユーザーを欺くことをしていれば話は別でしょう。

(PC向けページのインデックスで評価はするけど、一応はモバイル向けページも確認くらいはするよ。」といった感じでしょうか。)

 

タブレットを操作している男に人の写真

 タブレットはPC寄り・・・かな。

 

 

スマホのユーザービリティを考えると

スクリーンサイズが小さなスマホでは、画面領域を効率的に使う目的で+ボタンやアコーディオン型の展開方式でコンテンツを非表示にするユーザーインターフェイスが適していることが多くあります。

実際にそうしたサイトもたくさんあるはずです。

UI的にもUX的にもそうしたほうが適しているのであれば、PC向けページでは重要なコンテンツを確実に見せつつもモバイル向けページでは初期状態で見えなくすることはSEO的にマイナスにはならないと認識していいでしょう。

 

引用:

タブや展開ボタンにコンテンツを隠してもモバイルサイトならSEO的に問題なし | 海外SEO情報ブログ

 

スマホはPCよりも画面が小さいので、表示領域に限界があります。

 

見易さ、使い易さなどユーザビリティを考えると展開ボタンやタブを使ったほうがよいですし、検索順位上昇のためにユーザビリティを捨て去るのは「本末転倒」です。

 

(コンテンツの内容、質はもちろんですが)人が使いにくいサイトが使いやすいサイトよりも検索結果の上位に来るのはおかしいことです。

 

PCサイトでは見せるべき情報はしっかり見せ、スマホサイトではユーザーが快適に使えるよう考慮することが大切、重要度が高いと言えそうです。

(もっとも、PCサイトだってユーザビリティが求められるし、スマホサイトだって見せるべき情報はしっかり見せないといけませんが。)

 

 

成る程。両方見てるというニュアンスが一番近いでしょうね。

 

 

スマートフォンを睨む男の人の写真

使いにくいのはやっぱり嫌です。

 

スマホサイトのみは?

・・・ここでふと思ったのですが、「スマホサイトのみ」の場合はどうなるでしょうか?

(PCサイトを作った上でスマホ対応することがほとんどでしょうから、あまりないケースだとは思いますが。)

 

Googleは「PC向けページのインデックスを見ている」ということは、やはりPCサイトがないと「スマホサイトがPCサイトとして判定される」ことになりそうですね。

 

ガラケーで携帯小説サイトが流行っていた頃はガラケーのみのサイトが乱立しましたが、「大手サイト」意外はほとんど検索エンジンに引っかかりませんでしたし、「携帯サイトまとめ」や「携帯キャリアのメニューページに登録されない限りは」見つけることが至難の業でした。

(ガラケーのみのサイトはPCサイトと比べられた上で検索評価をされていたということでもあります。)

 

ガラケーサイトよりもスマホサイトは出来ることが増えたとはいえ、また、PCよりもスマホのほうが利用頻度が高くなったとはいえ、しっかりと作りこみを行わないと検索エンジンの御眼鏡に適うことはなさそうですね。

 

将来的にGoogleが「モバイル向けのインデックスを作る」可能性はかなり高いですが、今はまだPCサイトもスマホサイトも持つことでお互いの強みを生かす、補完する戦略がベターであると考えられます

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.