読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】サーチコンソールに表示されているリンクは基本的には検索評価の対象である

ただしタイムラグがあり、常に最新ではない

Search Console(サーチコンソール)、使っていますか?

 

サイトを管理を行っている人ならば全く使っていないことはないでしょうし、今やGoogleアナリティクスよりも使用頻度は高く、眺めている時間も多いという方もいるのではないでしょうか。


サーチコンソールにはサイトを更新したらすぐにインデックスするように促すリクエスト送信をする「Fetch as Google」という機能もあり、とても有用なツールです。

 

【SEO】「Fetch as Google」はすぐにインデックスするものではなく、リクエスト送信をするだけのものです - 検索サポーター

 

つい先日にも『SEO Japan』に以下のようなエントリーがアップされ、とても多くの注目を集めていました。

 

Google Search Console(サーチコンソール)を強力なSEOツールとして使うための究極ガイド。 | SEO Japan – アイオイクスによる海外最新SEO情報ブログ

 

それだけ多くの方が興味を持っていて、かつ、使い方を知りたい(使いこなしたい)ツールだという表れともいえますね。

 


そんなサーチコンソールですが、Googleのジョン・ミューラー氏によれば、リンク元ページとしてサーチコンソールに表示されているなら、そのページはGoogleのインデックスに登録されているはずだと説明したことが『海外SEO情報ブログ』のエントリー「検索結果には表示されないがSearch Consoleのレポートに出てくるページからのリンクをGoogleは評価対象にするのか? | 海外SEO情報ブログ」で報じられていました。

 

ただし、サーチコンソールに表示される情報にはタイムラグがあり、常に最新ではないことは考慮して然るべきであり、また、総リンク数と詳細リンク数が一致しないのはGoogle側によって役に立つように加工して提供しているということもしっかり意識しておきたいところです。

 

【Google】サーチコンソールの総リンク数と詳細リンク数が一致しない理由はあえて加工しているから - 検索サポーター

 

PCでチェックしている男の写真

それでも定期的にチェックしましょう。

 

インデックスされていなくても評価対象の場合もある

ただし、たとえば次のような状況のもとでは、Search Consoleのレポートされているリンク元ページが検索結果に表示されないことがありえます。

  • noindex robots meta タグを記述している
  • URL削除ツールで一時的にインデックスから削除されている
  • ハッキングされていてGoogleが検索結果に出ないようにしている

ですが、こうしたページであったとしても、Search Consoleにレポートされているなら、そこからリンクが張られていれば評価対象として考慮されます。

 

 

引用:

検索結果には表示されないがSearch Consoleのレポートに出てくるページからのリンクをGoogleは評価対象にするのか? | 海外SEO情報ブログ

 

確かにnoindex設定やURL削除ツールを使ったとしてもすぐには反映されませんし、リンクが残存していればインデックス削除をされたからといって、そのリンクの評価も無効になるとは限りません。

 

むしろサーチコンソールに表示されているということは有効なままである、評価対象であるといえます。

 

即ち、Googleの検索結果に表示されないページからのリンク(インデックスされていないように見えるページから張られたリンク)であっても、サーチコンソールのリンクレポートに表示されているものは検索評価の対象になっているということです。

 

(インデックス削除だけでなくリンク評価も完全に無効にしたい場合は、nofollow属性も合わせて行うとよいでしょう。)


また、リンクを削除したとはいえ、その情報をGoogleが把握してサーチコンソールに反映するまでにも時間がかかるため、それまではサーチコンソールにレポートされてしまうというのも納得できます。

 

このようにサーチコンソールは常に最新の状態が表示されるわけではないので、どうしても情報の整合性がとれないことが起こりますし、その原因も一概に特定することは出来ないということが分かります。

 

【SEO】インデックス削除した「つもり」にならない確実な検索避けの方法 - 検索サポーター

 

 

PCを眺めながら悩んでいる男の写真

変な被リンクがあるな・・・と思ったら。

 

問題のある被リンクはリンク否認を行いましょう

検索結果に表示されないページからのリンクがSearch Consoleにレポートされていて、もし万が一そのリンクが問題を起こしているようなら削除または否認を検討したほうがいいかもしれません。

 

引用:

検索結果には表示されないがSearch Consoleのレポートに出てくるページからのリンクをGoogleは評価対象にするのか? | 海外SEO情報ブログ

 

往々にして検索結果に表示されないページはそれだけ質が低いページだとGoogleに評価されたことでもあるともいえますし、そういうページからのリンクはペナルティになることも多いので、被リンクならリンク否認を考えるのがよいでしょう。

 

特に被リンクは外部要因だからといって何もしない、自分がやっていることじゃないので特に対策をしないとなりがちですが、残念ながらそれは通用しません。

 

こういったメンテナンスをしっかり行ってこそのサイト管理だと私は考えます。

 

(それこそペナルティを受けるような被リンクを放置することはネガティブSEOを仕掛ける輩の思う壺ですからね。)

 

【SEO】不自然なリンクの削除(リンク否認)はやっておくべきです - 検索サポーター

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.