読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】年末年始はスマホを触る機会が増大します

スマートフォン SEO 検索 キュレーション SNS

年末年始でもアクセスが減らなくなる

本日は12月30日。

年末年始、いかがお過ごしですか?

 

既に年内の仕事納めを終えた人や、年末年始など関係なく仕事をしている人など色々と思います。

 


年末年始はWEBサイトのアクセスが減る時期と言われています。

 

WEBサイトの運営が休みに入る、更新が止まることはもちろんですが、閲覧側も仕事場でインターネットをやらなくなる、仕事納めをしたことでPCに触る機会がなくなるというのも要因です。

 

インターネット接続が行える環境が自宅にはない人、自宅にあってもわざわざパソコンを立ち上げない人、また、年末年始は自宅にいてもインターネット以外のことで時間を使う人(特に多いのがTV特番を見るなど)が多いためでもあります。

 

ですがここ数年、特に去年からはその傾向も昔に比べると大きな差となることがなくなりました。

 

それはスマートフォン、タブレットなどインターネット接続が行えるモバイル端末の普及が大幅に進んだためです。

 

スマホを持っている女の人の写真

 

 

週末でもアクセスが減らなくなった理由と同じです


【ブログ運営】平日と日祝日はアクセス経路もユーザーも変わります - 検索サポーターのアンテナ

 

上記エントリーでは週末でもアクセスが減ることがなくなった理由を書きましたが、これと全く同じ理由で年末年始でもアクセスが大幅に減ることがなくなりました

 

  • 「ちょっと簡単な調べ物」だとスマホで検索する。
  • 「ちょっとコミュニケーションを取る」ためにスマホでTwitterやFacebook、LINEを行う。


理由が変わりデバイスも変わるので閲覧先のサイトはもちろん、経由するサイトも大幅に変わります。

 

PCもモバイル端末もいまだに検索エンジンからの流入が主流ですが、モバイル端末はTwitterやFacebookから流入する傾向が日に日に強くなっています。

 

また、今年は特にキュレーションサービスの隆盛期と重なっていることもあって、キュレーションサービスからの流入が増大しています。

(事実、当ブログは昨日からモバイル端末、特にキュレーションからのアクセスが増大しています。)

 

 

寝転がってスマホを触る男の人の写真

おもろいサイトないかなあ~

 

年末年始は「暇つぶし」が求められる


【キュレーション】SmartNewsでピックアップされるメリット - 検索サポーターのアンテナ

 

キュレーションサービスはPCよりもスマホなどのモバイル端末に特化していること。


そして、一番の理由が「暇つぶし」に使われることが多いということです

特に年末年始は「暇つぶし」が求められる時期です。

 

  • 里帰りの移動中や親戚の家のお茶の間など外出先で暇をつぶす。
  • TV特番を見ているけどつまらなくて暇をつぶす。
  • 休みなのはよいが特にやることがなくて暇をつぶす。

 

今、このエントリーを見ているあなたも「暇つぶし」で見ていたりしませんか?

 


また、スマホで出来るゲームアプリが沢山あることもスマホを触る機会を増やしている要因となっています。

 

ゲームも「暇つぶし」であり、スマホはその全てのサービスで「ユーザーの時間の奪い合い」を行うことになります。

 

 

外出先でスマホを触る女性の写真

地味にローカルSEOは強い。

 

ローカルSEOにも通じる部分がある

上記のようにスマホではライバルは多数存在しますが、サイトやブログにとってはチャンスでもあると私は考えます。

 

それはPCでは見向きもされなかった情報がスマホでは役に立つ、例えば場所に関する情報(地域情報)はPCよりもスマホのほうが圧倒的に検索されるからです。

 

スマホの特性上、利用シーンは「外出先で検索する」ことが多く、また、年末年始は「出掛ける」ことも増えます。


通常出掛けない場所だからこそ、ローカルイベント情報などはとても重宝されます。

 

これはローカルSEOにも通じるところです。


【ローカルSEO】Googleが地域情報検索アルゴリズムの更新を実施 - 検索サポーターのアンテナ

 


確かに年末年始はアクセスが落ち込む傾向です。

 

ですが、こうして傾向を考えて対策を行えば不利な条件すらも有利な条件に変えることが出来ますし、ユーザーを想定する(ペルソナを作る)ことで逆にアクセスを増やす結果にもなるでしょう。

  

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.