検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SNS】LINEで「連絡」、Twitterで「情報収集」、Facebookで「近況報告」

スマートフォンで使われているサービス

先日、「【Yahoo!】6年ぶりにスマートデバイス版トップページ刷新 - 検索サポーターのアンテナ」と「【スマートフォン】高校入学でスマホ所有率3割増、LINE利用率も上昇 - 検索サポーターのアンテナ」のエントリーにて、スマートフォン絡みの考察エントリーを行いましたが、本日、スマートフォンで使われているサービスについての統計記事を読み、とても興味深い数値が発表されていたので情報を共有いたします。

 

 まず、「SNS/コミュニケーションサービスの利用」について聞いたところ、「現在利用している」という回答がもっとも多かったサービスは「LINE」61.1%で、「Facebook」46.2%、「Twitter」35.9%、「Google+」19.6%、「mixi」16.5%の順となった。「過去に利用したことがある」という回答がっとも多かったのは「mixi」で21.6%、次いで「Google+」13.6%だった。

 

引用:

LINEで「連絡」、Twitterで「情報収集」、Facebookで「近況報告」 | RBB TODAY

 

LINE、Twitter、Facebookはまあその通りだろうなとは思うのですが・・・

Google+が19.6%もあることに正直びっくりしました。

(mixiはまあ納得できる数字、妥当だなとは思うのですが。)

 

「え?Google検索と勘違いをしてない?(本人に自覚はないが、Googleアカウントでログインした状態で検索しているからGoogle+を使っていると見なされている?そうだとしても定義がおかしいけれど。)」と聞きたいくらいです。

(私のまわりでもGoogle+を使っているのは私くらいしかいないもので・・・)

 

 LINE、Twitter、Facebookの利用経験者(N=465)を対象に、「各サービスの利用目的」について聞いたところ、まず、LINEは「連絡手段(友人)」がもっとも多く70.3%、「連絡手段(家族)」が41.1%、「雑談」が21.3%となった。Twitterでは「情報収集」が28.0%、「連絡手段(友人)」が17.0%、「雑談」が15.5%だった。Facebookは「連絡手段(友人)」が32.5%、次いで「近況報告」が28.4%、「情報収集」が25.6%となり、各サービスで利用目的が異なっている傾向が明らかとなった。

 

引用:

LINEで「連絡」、Twitterで「情報収集」、Facebookで「近況報告」 | RBB TODAY

 

私も主な用途は正にこの通りですが、使用頻度はLINEが一番少なく、Facebookが一番多いといったところです。

(連絡もLINEよりFacebookのメッセンジャーで取り合うほうが多い。)

 

また、LINEとFacebookは「リアルでの知り合い」と繋がるためのツール、Twitterは「ネット上で知り合った(実際に会ったことはない)人」と繋がるためのツールであるという感じです。

(あくまで私の場合、私の感覚の話です。)

 

 また、「スマートフォンのニュースアプリの利用」について聞いたところ「利用している」と回答した人は350人(61.9%)。そのうち78.3%が「Yahoo!ニュース」を利用していた。その他のニュースアプリでは「LINEニュース」「SmartNews」「グノシー」の順に続いた。

 

引用:

LINEで「連絡」、Twitterで「情報収集」、Facebookで「近況報告」 | RBB TODAY

 

Yahoo!ニュース、強いですね。

 

キュレーションサービスが増えてきた、スマートフォンユーザーの時間を奪いに来ましたが、今だに日本でのポータルサイトのNo.1の地位は揺るがない、PCだけでなくスマートフォンも同様といったところでしょうか。

 

スマートフォンの普及率も上がり、SNSはもちろん、キュレーションサービスもこれからもっと規模が拡大する、他分野に進出することも予想されます。

 

 

次のトレンドとなるのはどれか?もしくは全く新しいサービスが現れるのか?
正に今のネットは群雄割拠の時代ですね。

 

 

【関連記事】

高校入学でスマホ所有率が8割超に急増、LINE/Twitter 利用率も増加 - インターネットコム

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.