読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【著者情報】Googleウェブマスターツールから著者の統計情報が消滅

いつの間に消えた?

私が毎日チェックしているサイト『海外SEO情報ブログ』に、入力フォームの最適化についてのエントリー「著者の統計情報がGoogleウェブマスターツールからひっそり消滅 | 海外SEO情報ブログ」がアップされていました。

 

エントリーを読み、今日はまだウェブマスターツールを触っていませんでしたので、早速確認してみました。

・・・確かになくなっていました。

 

とはいえ、実は私はウェブマスターツールは毎日触っていたとはいえ、「著者の統計情報」はほとんど見ていませんでした。

開いたのはいつの頃だったか・・・というくらい見ていませんでした。

 

というのは、あなたも想像できるように、Googleは、検索結果の著者情報から写真を取り除いたしたからです。

名前は引き続き表示されるとはいえ、写真がない状態では著者情報はクリック率にほとんど影響を与えないはずです。
写真表示の中止と同時に、統計情報のレポートの役目も終了したと考えるのが自然です。

もっとも著者の統計情報はたいして重要なレポートではなかったはずで、終了してもさほど困らないでしょう。

 

引用:

著者の統計情報がGoogleウェブマスターツールからひっそり消滅 | 海外SEO情報ブログ

 

確かに今の検索結果にて著者名の表示はクリック率にはほとんど影響を与えないことが考えられますが、それは検索する事柄にもよりますし、同じようなタイトルが並ぶ検索結果であれば、著者情報が表示されているほうが信用、信頼度は増すので(微妙だとしても)クリック率は上がるのではないかと私は推測します

 

例えば2ちゃんまとめやゴシップ誌の話題などであればほぼ関係ない、著者情報まで気にしている人はほぼ皆無でしょう。


逆に公的な、社会的な話題であれば情報の正確性を求めるため、著者が明確なほうが信憑性も高いと考えられる、好まれるのでは?と私は考えます。

 

 

オーサーランクはどうなる?

検索結果での著者情報の(写真)表示は終了しました。

ですが、コンテンツ著者の権威性をランキング要因に組み込む、いわゆるオーサーランク導入への取り組みは今も続いていると個人的には信じたいところです。

 

引用:

著者の統計情報がGoogleウェブマスターツールからひっそり消滅 | 海外SEO情報ブログ

 

これは私も今も続いていると信じたいところです。

(続いていないのであれば検索結果に著者名すら表示されなくなる筈ですし、Google+との連携すらないでしょう。)

 

Googleも今だ試行錯誤しているというのが事実なのでしょうし、今後、もしオーサーランクが導入されることになったら、しばらくはアドバンテージとなりえるので、私はこのまま著者情報の表示を続けるとします。

 

 

 【自サイト関連エントリー

Googleの検索結果に写真が表示されなくなりました - 検索サポーターのアンテナ

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.