読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Yahoo!】独自のキュレーションサービス「お買い物まとめ」を開始

Yahoo! キュレーション コンテンツ

まとめ記事は出店ストアが作成

2015年2月12日、ヤフー株式会社が「Yahoo!ショッピング」において、お買い物のまとめページを作成できるショッピング特化型キュレーションサービス「お買い物まとめ」を公開したと発表しました。

 


Yahoo!ショッピング、独自のキュレーションサービス「お買い物まとめ」を開始 / プレスルーム - ヤフー株式会社

 

まとめ記事は「Yahoo!ショッピング」商品ページのリンクに加え、ウェブ上にある他のページのさまざまな情報の引用も出来るようで、自由に記述できるテキストと組み合わせて作成出来るようです。

 

これによって、従来の一辺倒な商品の紹介だけでなく、季節販促やセールなどテーマ・カテゴリ特集による提案はもちろん、シチュエーション別や個人のライフスタイルなど任意の視点から商品を紹介、提案も出来ることになります。

 

ちなみに、まとめ記事は出店ストアによって作られます。

 

パソコンをしている男の人の写真

「Yahoo!ショッピングまとめ記事代行」が仕事となるでしょう。

 

 

多くの人に見てもらう、訴求するチャンスが増える

 なお、各ストアが作成したまとめ記事は「Yahoo!ショッピング」内のトップ、カテゴリ、カテゴリリスト、検索リスト、ランキングなど関連するページで紹介されるほか、各ストアのページやソーシャルメディアなどでも発信できます。

 

引用:

Yahoo!ショッピング、独自のキュレーションサービス「お買い物まとめ」を開始 / プレスルーム - ヤフー株式会社

 

関連するページやソーシャルメディアで発信、共有されることで、「Yahoo!ショッピング」内だけで終わらず、それ以外の多くのユーザーにも見てもらう、訴求するチャンスはぐっと広がりそうです

 

とはいえ、出店ストアもあくまで「商売」です。

今後は恣意的なまとめも出てくるでしょう。

(消費者、ユーザーはしっかり見極めたいところですね。)

 

運用が進むにつれ、キュレーター(まとめ記事を作成したアカウント)の信頼も積み重なるので、「このキュレーターが進めるものなら信用して購入する」というユーザーも出てくることでしょう

 

 

ふと思ったのですが、現役のアフィリエイターさん達なら凄く有用かつ、実績も出せるまとめ記事を作れそうな予感がします。

 

今後は「Yahoo!ショッピングまとめ記事代行」が仕事になりそうですね。

(もちろんアフィリエイターだけでなく、制作会社や私のようなWEBのコンサルタントを行っている人にとっても仕事と成り得るでしょう。)

 

よし!今すぐランサーズやクラウドワークスなどのサイトに登録だ!(笑)

 

 

※ お買い物まとめ


お買い物まとめ - Yahoo!ショッピング

 

 

Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.