読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Yahoo!】米Yahoo!ディレクトリは既に閉鎖、日本のYahoo!カテゴリの今後は?

※ 2014/01/03 : Yahoo!カテゴリさんからリプライいただきました。いただいた情報を追記しています。

既に閉鎖されていました

2014年12月31日をもってサービスを終了することを発表していたアメリカ版Yahoo!ディレクトリですが、既に閉鎖され、アクセスを行うと「Yahoo!スモールビジネス」にリダイレクトされるようになっています。

 

調べてみると、どうやら2014年12月27日には閉鎖されていたようです。

 

Yahoo! Directory が一足早く閉鎖、Yahoo! Small Business ロゴへ ::SEM R (#SEMR)

 

米Yahoo!ディレクトリは閉鎖となりましたが、日本のYahoo!カテゴリについては引き続き運営されることになっています。

 

(日本版Yahoo!カテゴリは、現在ははJWord株式会社が管理している、総代理店として提供している形になっています。)

 

【追記】

Yahoo!カテゴリさんからリプライいただきました。

「Yahoo!ビジネスエクスプレス」のみ、JWord社に業務委託をしているとのことです。

 

 


【Yahoo!】日本のYahoo!カテゴリはまだ終わらないのに - 検索サポーター

 

昔はYahoo!カテゴリにクライアントのサイトをこぞって登録したものでした。

ですが今は集客メディアとしても、被リンク(SEO効果)としても、ほぼ効果はない状態です。

 

Yahoo!の検索エンジンはGoogleを採用する以前はYahoo!独自のロジック、アルゴリズムを採用していましたし、Yahoo!カテゴリ登録を行っている企業、サイトのほうが検索結果で優先されるのでは?という噂もありました。

 

また、以前は「Yahoo!のお墨付き」という信用、Yahoo!のオーソリティが大きかったことも登録する要因となっていました。

 

そこまでの価値が見出せない今、Yahoo!カテゴリはどうなるのでしょうか?

 

 パソコンを眺めている男の人の写真

有料ディレクトリの価値がなくなっています。

 

 

色々な試みを行っているが

現在、Yahoo!カテゴリは「リアルタイム検索」との連携など、Yahoo!カテゴリをなるべく使ってもらう、価値を上げようと色々な試みを行っています。

 


【Yahoo!】Yahoo!カテゴリが「リアルタイム検索」との連携を開始 - 検索サポーター

 

以前のエントリーには公式アカウントよりリプライもいただきました。

 

 

ただ「登録するだけの被リンク名簿サイト」には、今は全く価値がありません。

 

集客も期待出来ないサイト、SEOの価値もない被リンクにお金を払う時代ではないのです。

 

 

良質なコンテンツが求められるらこそ

コンテンツSEOが見直されている、重要視されている今だからこそ、これまでのノウハウを生かしたYahoo!ならではのアドバイス(コンサルタント)を行うなどの付加価値をつけることが望ましいと考えます。

 

Yahoo!カテゴリに登録しているクライアントが望んでいること、目的はあくまで「集客」です。

 

サイトに人を集める工夫も大事ですが、クライアントの目的である「モチベーションが高いユーザーを集客する」というコンバージョンを適えるために施策を考え、工夫することのほうが優先度が高い、今やるべきことではないのかと私は考えます。

 

また、サービスを作る側、コンテンツを提供する側の私達も「どこからリンクを貼ってもらえるか」を考えるより、いかにユーザーに有用な情報を提供するかを、「良質なコンテンツ」を提供することに力を注ぎましょう。

 

そうすれば有料被リンクではない自然な被リンクが集まりますし、「モチベーションが高いユーザーを集める」ことにもなります。

 

※ 関連エントリー


【SEO】「良いコンテンツ」「品質の高いコンテンツ」の3つの条件 - 検索サポーター

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.