読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】2014年国内SEO市場は369億円(前年比117%)まで伸長と予測

SEOサービス自体が変わりつつある

クロスフィニティ株式会社がSEO市場調査を実施し、2016年までの予測結果を発表しました。

発表によれば、SEO市場は2014年に369.0億円(前年比117%)、2016年に530.6億円まで拡大するものと予測されていました。

 

2014年度版国内SEO市場予測 (2012-2016) ~2013年は前年比115.7%の315.4億、2014年は369億まで伸長と予測~ | インターネット広告代理店 オプト

 

f:id:s-supporter:20140728204308j:plain

 

スマホ対応と悪質な外部リンク見直し

その理由として、ハミングバードの導入やスマートフォン向けのWebサイトのSEO設計コンサルティングの需要が高まったこと、また、ペンギンアップデートや悪質な外部リンクの取り締まり、検索順位下落などがあったものの、自然検索経由のトラフィックの重要性の認識が広がったため、全体で見ると伸長する結果となったと発表しています。

 

ざっくり言ってしまえば、去年は外部リンクの見直しとスマホ対応にコストがかけられたということですね。

 

 

2014年はコンテンツ

GoogleによるSSL検索の導入で施策キーワードの流入効果が曖昧になった(Google検索の流入キーワードが分からなくなった)こと、また、外部リンクのリスクが顕在化した(被リンクの依存度、価値が低下した)ことで、従来のSEO対策では成果が図れなくなり、コンテンツの提案、作成にシフトせざるを得なくなったと発表しています。


確かに今までの外部SEO対策と言えば「あるキーワードで上位を目指す」、そのために「被リンクを増やすことで検索順位を上げる」という認識で成り立っていたため

 

 被リンク増やしました
  ↓
 あるキーワードで1位になりました
  ↓
 成果報酬いただきます

 

という流れでのSEO施策だったのですが、今は被リンクの価値がどんどん下がり、むしろスパム的な行為とみなされれば検索順位が上がるどころか下がる要因にもなり得ます。

 

よってこれからは外部SEO業者もコンテンツの提案、作成にシフトしていくということでしょう。

 

むしろ私はコンバージョン(申し込み件数)の増加でいくら・・・の出来高制ので契約するほうが理に適っていますし、そのためにはよいコンテンツを作ることになる、ひいてはユーザーのためになるのでSEOサービスが健全な方向に向かっていくのでは?と考えています。
(被リンクだけで商売していた業者はどんどん駆逐される。)

 

f:id:s-supporter:20140702123745j:plain

 今後はどうなるんだろう・・・

 

今後のSEO市場について

外部リンク提供型サービスは縮小しますが、自然検索経由のトラフィックが重要度を増すため、自然検索経由全体のトラフィックと大量の順位データの管理が可能な、エンタープライズツールの市場拡大が予想されると発表しています。

 

SEOサービスは被リンクを増やして終わりではなくコンテンツの提案、作成、その上で運用も行い、更にはアクセス解析でデータ分析まで行うことになるということでしょう。

 

 


言葉の意味の通りのSEO検索エンジン最適化」だけをやっていればよいという時代はもう終わりました。

 

もちろん正確なコーディング、サイト構成、カテゴリ整理などの基本的な手段は陳腐化しませんが「プラスアルファ」を求められる、それがコンテンツの提案、作成であったり、運用、アクセス解析などであるということでしょう。

 

どれかに特化するSEOサービスもいいでしょうし、全てをまんべんなくやるSEOサービスもいいでしょう。

 

やれること、出来る範囲はまだまだ沢山あると考えます。

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.