読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Google】先日のアップデートで恩恵を受けたコンテンツはニュースと即時性という分析

Google SEO 検索

パンダアップデートではありませんでしたが

先日、アメリカのみならず日本でも大規模な検索順位の変動が起こったことは記憶に新しいことでしょう。

 

パンダアップデートの実行予告時期でもあったため、「パンダアップデートが始まったのだ」という憶測が多く飛び交いました。

(ちなみに私もそう思っていました。)

 

【Google】パンダアップデート開始か?変動が起こっているようです - 検索サポーター

 

しかし、Googleからの回答は「パンダアップデートではない」という否定であり、「パンダアップデートはまた後に行われる」という結論が出ました。

 

今回のアップデートはパンダアップデートではありませんが(クオリティアップデートでもないようです)、「コンテンツを正しく評価するための何らかのアップデートであったこと」は確実であり、先日に行われたGoogleトレンドの更新とも関連があるのではないか?という分析が『SEO Japan』のエントリー「先日のGoogleのアップデートはニュースと新鮮なコンテンツに恩恵を与えたアップデートか。 | SEO Japan」に書かれています。

 

それでは、実際はどんなアップデートだったのか?

分析内容を見てみましょう。

 

どんなアップデートだったのか?

どんなアップデートだったのか?

 

ニュースや新鮮なコンテンツが優遇されている

6月17日に我々はGoogleのアップデートについて報じた。後に、Googleはアルゴリズムの核となる部分のアップデートであることを認め、パンダ、ペンギン、HTTPSとの関連性を否定した。

そんな中、Marcus Tober氏が非常に興味深い分析を提供してくれている。彼の分析によると、このアップデート以降、ニュースや新鮮なコンテンツに大きな変動があったようだ。Wall Street JournalはGoogleのビジビリティが19%、USA Todayが11%、Business Insiderが20%上昇している。ちなみに、私のサイトも(SearchMetricsによると)、134%上昇している。

 

引用:

先日のGoogleのアップデートはニュースと新鮮なコンテンツに恩恵を与えたアップデートか。 | SEO Japan


パンダアップデートではないことは既にGoogleも認めていますが、やはり「何らかのアップデート」であったことは確かです。

 

あくまでSearchMetrics社のMarcus Tober氏の分析ではありますが、今回のアップデートで、「Wall Street Journal」「USA Today」「Business Insider」などのニュース系サイトでビジビリティ(可視性。ここでは閲覧数といったところでしょうか)が上昇しているとのことです

 

非常に興味深いことは、Googleトレンドがリニューアルした時期と同時期であるということだろう。Googleトレンドはほぼリアルタイムでのデータ取得が可能になっている。これが、Googleへより優れたデータを送るようになり、アルゴリズムに新しい機能を与えているのかもしれない。

 

引用:

先日のGoogleのアップデートはニュースと新鮮なコンテンツに恩恵を与えたアップデートか。 | SEO Japan

 

つい最近、Gogleトレンドがリニューアルされ、1時間単位のニュース記事の数や、検索ボリュームなどのデータをリアルタイムで取得できるようになりました。

 

※ 参考エントリー

Official Google Blog: A new window into our world with real-time trends

 

また、エリアを限定してトピックやトレンドなども取得できるようになっており、このリニューアルがアルゴリズム変更にも影響をおよぼしているのではないかと分析しています。

 

Marcus Tober氏の分析をまとめると、「ニュースや新鮮なコンテンツが優遇されている」ということになりますね

  

毎日パンダ 365日上野動物園に通っているよ日記

私は毎日でも一向に構わん!

 

パンダがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!

ちなみに私が管理しているサイトで言えば、以前のエントリーに書いたように、若干の検索順位の変動が見られるのですが、通常の変動の範囲であり、大幅な変動はありませんでした


例えば当ブログで言えば、ニュースなコンテンツというよりはWEB系の事象、話題についての意見、考察のコンテンツでありますし、即時性を求められるような情報のコンテンツでもありません。

 

なるべく最新の情報についてコンテンツを書くようにしていますが、必ず「即時性、鮮度が命」というコンテンツでもありませんので、今回のアップデートでは恩恵を受けることがなかった・・・ということなのでしょう。

 

 

しかし皆様、「今回のアップデートが大したことなくてよかった(自分にはあまり関係なかった)・・・」と安心することなかれ!

 

もうすぐ誠実で良質なコンテンツを作っているサイト(ブログ)が恩恵を受けることになる「パンダアップデート」がやってきます!

 

さあ、あなたのサイトは検索順位が上昇するか? はたまた下落するか?

自分の管理するサイトの結果も含め、私はパンダアップデートを今か今かと待ちわびています!

 

 【追記】

ついにパンダアップデート4.2がやって来ました!

予告から一か月半とかなり遅れた実施であり、完全ロールアウトまでは数カ月かかるそうです!

 

【Google】ついにパンダアップデート4.2が開始!完全ロールアウトまでは数ヶ月を要す見込み - 検索サポーター

 

そして、次はペンギンアップデートもやって来るようです。

落ち着く暇がないですね。

サイト(ブログ)も日々、改善、更新の繰り返しです!

【SEO】パンダアップデートは今だ来ず、ペンギンアップデートは数カ月先になる気配 - 検索サポーター

 

 

Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.