検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【有料リンク】広告(PR活動)リンクはしっかり「nofollow」をつけましょう

Googleのガイドラインにも明記されています

今日は数日前に気になったエントリーと、本日見つけたエントリーの2つについて、これは補足すべきだと考えましたので私なりの見解を書かせていただきます。

 

先ずはこちら。


「本気でアフィリエイトを学ぶ会2014」で初めて知ったASP e-click が面白い(人も) - 鈴木です。

 

新しいアフィリエイト、ASPについての話題です。

とても面白そうなアフィリエイトサービスだなと思うのですが、気になる点があります。

 

ただ、バナーを選択した場合、「target=”_blank”」がデフォルトでは無い事や「rel="nofollow"」が入っていない事が少し気になりました。これは今後改善していってくれると嬉しいのかな?と思います。

 

引用:

「本気でアフィリエイトを学ぶ会2014」で初めて知ったASP e-click が面白い(人も) - 鈴木です。

 

鈴木こあらさん (id:suzukidesu23)もエントリー内で指摘されていますが、「rel="nofollow"」が入っていないということについてです

 

以前、当ブログでも自然リンクと有料リンクの違いについてエントリーしました。


【SEO】自然リンクと有料リンクの違いは? - 検索サポーター

 

有料リンク(ペイドリンク)といえど、全てが悪なのではありません。

 

「広告(PR活動)」としてのリンクは「rel="nofollow"」属性を入れ、検索エンジンにその旨を認識させればよいことが認められています。

(アフィリエイトのリンクなどもこれに当たります。)

 

有料リンクなのに「rel="nofollow"」属性を入れずに自然リンクと見せかけ、被リンクの評価を渡す(Googleのガイドライン風に言えば「PageRankを転送する」)ことはペナルティの対象、いわゆるリンクスパムとみなされる可能性が高いです。

 

ただ、「金銭の授受」はGoogleの与り知らないところで行われますし、その被リンクが自然リンクか有料リンクかの区別も検索アルゴリズムにはすぐには判別が出来なかったことを突くかの如くに、昔は「SEO業者」という名の「リンク売買稼業」が多く現れたものでした。

(検索アルゴリズムも今は昔よりは精度が上がったとはいえ、まだ完全ではありません・・・)


間違えないで欲しいのはGoogleはリンク売買を禁止しているわけではなく、「広告(PR活動)」としてのリンクは「rel="nofollow"」属性を入れ、検索エンジンにその旨を認識させることは認められているということです。

 

※ 公式な見解については下記の2つのガイドラインを参照ください。

 

特定のリンクに対して rel="nofollow" を使用する - ウェブマスター ツール ヘルプ

 

リンク プログラム - ウェブマスター ツール ヘルプ

 

内緒ポーズをしている男の人

言うべきことは言わないといけませんよ。

 

 

リスクについて語られていない専門サイト

もう一つのサイトは本日見つけたSEOの専門サイトについてです。

気になるのは下記の文章です。

 

そのような人の中には、営利を目的としないでサイト運営している人が多くいます。

そのような人にバナーや広告を出したいと言って、直接交渉することによって、月額500円や1000円などの廉価で広告を出すことが可能です。

そのような広告は、大手サイトと違い広告のリンクに「rel=”nofollow”」属性を付与していないことが多いです。

さらに自社のサービスに関連するサイトなので、その広告から実際に自社サイトへお客さんを誘導できます。

新しいお客さんも誘導でき、被リンクも獲得できる一石二鳥です。

 

引用(魚拓):

http://seolaboratory.jp/external/201412221017.php - 2014年12月22日 13:28 - ウェブ魚拓

 

Googleのガイドラインをしっかり読んだ方ならもう説明の必要はないと思いますが、これはれっきとしたリンク売買であり、「rel=”nofollow”」属性を入れていないことで、Googleにバレるとペナルティを受けるリスクが多分にあるということです

 

被リンクを貼ってもらう先のサイトが「営利を目的としない」としても「金額が廉価」だとしても、これはれっきとしたリンク売買です。

 

このエントリーがマズいのはバレたらペナルティを受ける可能性について言及されていないこと、そして「rel=”nofollow”」属性を付与していないことで相手側すらもペナルティとなるリスクも含んでいることに言及していないことです


更に言えば最後の文章が全てです。

 

「新しいお客さんも誘導でき、被リンクも獲得できる一石二鳥です。」

 

広告を貼ってもらうサイト側の無知をうまく利用しようと取られてもおかしくない表記になっているところです。

 

純粋に「広告」だと考えているなら、リンクやバナーは「新しいお客さんを誘導する」効果だけのものです。

「rel=”nofollow”」属性がないことで被リンクの効果を狙えますよということを暗に言っているとも見えてしまいます。

 

 

パソコンを使っている男の人の写真

真摯に運用しています。

 

みんなやらないのは真摯にサイト運営したいから

仮にもSEOの専門サイトですし、SEOの情報、技術の専門家なら「rel=”nofollow”」属性については知っている筈です。

 

リスクについて言及していない時点で「あえて書いていない」、読者が鵜呑みにすることを狙って書いているのだろうと穿って見えてしまいます

 

また、「当たり前な方法だけど、みんなやってない」のは、真摯にサイト運営したいからとも言えます。

やらない人のほうが大多数なのは「リスクを犯したくない」「何も後ろめたいことがないように運営したい」からなのです。


この手法は単純に「検索エンジンを欺いている」だけではありません。

「あなたのサイトの読者、ファンすらも欺いている」のです。

 

 

何度も言いますが、Googleはリンク売買を禁止してはいません。

「広告(PR活動)」としてのリンクは「rel="nofollow"」属性を入れ、検索エンジンにその旨を認識させることで認めているのです。

 

こうした裏をかく手法を詳しく説明もせずに紹介するから、広告やSEOは忌み嫌われるし、信用されなくなる元となるのです。

 

広告をやるなら正々堂々やりましょう!

 

 ※ 参考エントリー


【有料リンク】GMOグループの「SASOU Directory」が2014年12月末で終了 - 検索サポーター

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.