検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】ハッキング対策アルゴリズム(排除フィルタ)は、サジェスト汚染の「儲かる系キーワード」を対象にするか?

スパムが多いクエリ=儲かる系キーワード

『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「コピーサイトに負けるのは、あなたのサイトの品質に問題があるから!? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「グーグルのハッキング対策アルゴリズムは、スパムが多いクエリだけが対象」に、Googleが導入したハッキングに対抗する新しいアルゴリズム(検索結果排除フィルタ)は、あらゆる検索クエリに適用されるものではなく、スパムが多いクエリに対してだけ発動するということが書かれていました。

 

先日、当ブログでも一部の通販系クエリ(「iphone6 ケース 安い」「激安 レディース バッグ」「ブーツ ブランド 販売」・・・etc)にて、自然検索結果が数件~数十件程度しか表示されないことをお伝えしました。

 

(この排除フィルタはGoogle検索だけでなく、Yahoo!検索にも適用されています。)

 

【Google】通販系・ブランド系クエリのスパム排除のためのフィルタを導入済(Yahoo!も同様) - 検索サポーター

 

「スパムが多いクエリ」を端的に言うと、スパマーがよく狙う「儲かる系キーワード」です。


(そもそもスパムを行う理由は、不正を行うだけのうま味がある(儲かる)からと言えますしね。)

 

日本では今のところ購入・販売系のクエリやブランド系クエリと掛け合わた複合語検索が対象となってはいますが、今後はその他の収益性の高い検索クエリも対象になることが予想されます

 

(例えば「クレジットカード」「車買取」「脱毛」「ダイエット」「お金」・・・など)

 

スパムが多いクエリとは、英語なら、たとえば“viagra”(バイアグラ)や“payday loan(ペイデイローン)”などのようにスパマーがよく狙う、“儲かる系”のキーワードだろう。

あらゆるジャンルのサイトがハッキングを受ける可能性があるとしても、グーグルが導入したハッキング対策の新アルゴリズムに限って言えば、スパムが多いクエリの検索結果だけが影響を受けるということになる。

 

引用:

コピーサイトに負けるのは、あなたのサイトの品質に問題があるから!? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

 

ただ、この排除フィルタも完全なものではありません。

 

スパムサイトを排除する一方で、問題のない(一般的な通販)サイトもフィルタにかかってしまい、非表示となる事態も起こっているのです。

 

この排除フィルタは、スパムを行わずに正当なサイト運営で検索流入を得ていた、集客のメインとしていたサイト運営者にとってはいい迷惑です。

 

ユーザーのために誠実な情報提供、質のよいコンテンツを作っても、一部のスパマーのせいで検索結果に表示されないのですから。

(ある意味、逆SEOだとも言えますね。)

 

とばっちりを食らいたくないですよね。

とばっちりを食らいたくないですよね。

 

サジェスト汚染もいずれは対象になる?

「儲かる系キーワード」は収益性の高いキーワードとも言えますので、私は「クレジットカード」「車買取」「脱毛」「ダイエット」「お金」・・・というキーワードを例にあげましたが、この「儲かる系キーワード」はもう一つのスパム手法がよく使われる検索クエリでもあります

 

そう、サジェスト汚染(虫眼鏡SEO)でよく使われる検索クエリでもあります。

 

【SEO】Yahoo!がサジェスト検索(虫眼鏡SEO)の汚染対策を実施か - 検索サポーター

 

サジェスト汚染(虫眼鏡SEO)とは、検索の入力補助機能(サジェスト検索機能)が、スパム業者が大量の検索クエリを送り込むことで、入力補助キーワードの表示を操作することを言います。

 

Google検索はその都度対応を行っているようで、今はサジェストが汚染されることはあまりないのですが、残念ながらYahoo!検索はとても対応が遅く、サジェスト表示に関してはGoogleのアルゴリズムを利用していないからなのか、いたちごっこ状態となっています

 

(それでも最近は対応(洗浄)が早くなりました。数年前までは実質野放し状態だったもので・・・)

 

【SEO、SEM】Yahoo!が再度サジェスト検索(虫眼鏡SEO)を洗浄しましたが、根本的な解決にはまだ至らず - 検索サポーター

 

Yahoo!が対応(洗浄)に後ろ向きな考察は上記エントリーを見ていただくとして、今後はサジェスト汚染されやすいキーワードである「儲かる系キーワード」の中から排除フィルタの対象、検索クエリがピックアップされるのではないかと私は考えます

 

次から次にスパムが現れますね・・・

次から次にスパムが現れますね・・・

 

 

サジェスト汚染を発見したら積極的に情報提供を行いましょう

もちろん今後は排除フィルタの精度も次第に上がってくるでしょう。

 

(サジェスト汚染されても検索結果に表示されないのなら意味がないので、サジェスト汚染そのものがなくなるでしょう。)

 

対象としてピックアップされたとしても、正当なサイト運営、誠実な情報提供、質のよいコンテンツを作ってさえいれば、排除フィルタに引っかかることなく検索結果に表示されることになるとは思います。

 

とはいえ現状を見る限りでは、Google検索、Yahoo!検索もすぐに完璧なものを提供できるわけではないようです。

 

もし、あなたが自然検索にてあまりに酷いサジェスト汚染を発見したら、積極的に情報提供を行いましょう。

 

汚れているものを気付かないフリして放置することは更に汚染が広がる元となりますし、巡り巡って全く関係がなかったはずの自分にさえ影響が及ぶ(他の検索クエリも排除フィルタが適用され、「検索できない」情報が増える)こともあるかもしれません。

 

情報提供は「悪質なもの(サイト)を排除する」だけではなく、「正当なもの(サイト)を正当に評価する」という意味もあると考えましょう。

 

これは正に検索エンジンの運営側も望んでいる、目指していることなのです。

 

 

※ Google からコンテンツを削除する

Removing Content From Google - Legal Help

 

※ Yahoo!検索 - 検索結果に関する情報提供フォーム

Yahoo! JAPAN - カスタマーサービスフォーム

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.