読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【ブログ運営】過去エントリーから自分の強みを見い出す

ブログ運営 SEO 検索 SNS

シェア、ブックマークありがとうございます

当ブログ「検索サポーター」も開設から半年が経ちました。

エントリー数ももうすぐ300に到達します。

(このエントリーが282個目となります。)

 

最初の3ヶ月は1日平均2,3のエントリー、直近3ヶ月は1日平均1エントリーと、数こそは少なくなりましたが、今までも、そしてこれからも毎日更新を心がけて運営していきます。

 

エントリーが増えるにつれ、多くのユーザー様にSNS上でシェアされ、また、ブックマークをつけていただくことも増え、とても嬉しい限りです。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

前置きはこのくらいにしまして、今回は「今まで積み重ねてきた過去エントリーから自分の強みを見い出す」ことについてお話します

 

 

考えている女の人の写真

「自分の強み」は・・・

 

 

過去エントリーは日に日に閲覧数が減少しますが

ブログというメディアはその特性上、新しいエントリーほどブログのTOPページやカテゴリページの上位に表示され、多くのユーザーの目に触れる仕組みとなっています

 

常に最新のエントリーが上位に表示されるため、日を追うごとに過去エントリーは下に追いやられ、閲覧数も減少しますし、ついにはTOPページやカテゴリページの1ページ目にすら掲載されなくなります。

 

しかし、これはブログのTOPページ、カテゴリページから閲覧した場合についてであり、SNSでのシェア、ブックマークや他サイトからの言及(被リンク)、特に検索流入に至ってはその限りではありません。

 

前者は「サイト」全体としてユーザーに閲覧された場合ですし、後者は「エントリー」単位で閲覧されているからです。

 

特にブログはエントリーごとに検索流入で閲覧されることが多いメディアです。

 

取り扱うテーマによって違いこそありますが、時が経っても一定数の検索流入があるエントリーは、単純に「自分の強み」と言えるエントリーであり、「質のよいコンテンツ」であるとも言えます

 

虫眼鏡を持っている女の人の写真

SEO(検索)に強くなる!

 

SEOにも強くなることが出来る

時が経っても一定の検索流入があるということは、そのエントリーが「トレンドや経過時間に左右されにくいテーマを扱っている」という証拠でもあります。

 

また、検索流入という意味では、ユーザーのニーズにマッチする(であろうと検索エンジンが評価を下した)エントリーとして、他のサイトページと比べて選ばれたとも言えます

 

これは更にSEOにも強くなることが出来る可能性があることを意味します。

 

検索流入が記録されたら、実際にその検索ワードで検索をしてみてください。

 

検索結果の上位に自分のブログが表示されるなら特に対応は必要ありませんが、もし、下位だったり、2ページ目以降などに表示されるのであれば、そのエントリーを「ユーザーが望むと思われる情報」を付記したり、文章をリライトして改善を図りましょう

 


【ブログ運営】過去のエントリーに追記、リライトすれば検索流入は増加する - 検索サポーター

 

「検索流入がある」ということは、「ユーザーのニーズがある」ということです。

 

そのエントリーをリライトすることで、ユーザーに更に有益な情報を提供すればユーザーは喜ぶことはもちろん、検索順位も上昇し、「SEOにも強くなるコンテンツ」に変貌することが出来るのです

 


更に検索流入だけでなく、時が経ってもSNSのシェア、ブックマークなどが行われるエントリーは「質のよいコンテンツ」である証拠と言えるでしょう。

 

検索エンジンだけでなく、ユーザー自らが「価値がある」と評価を下したからこそ、シェア、ブックマークが行われると言えるからです。

 

ただ、検索流入は全くないけど、シェアやブックマークはかなり多いというエントリーは「内輪ネタ」だったり、「身内ウケ」しているだけに過ぎないものが多いのでしっかり見極めて間違えないようにしてください。

  

正にこういったエントリーこそが「自分の強み」であり、「質のよいコンテンツ」であると言えるのです。

 

 

駄目と指で送っている男の人の写真

過去エントリーを切り捨てる前に・・・

 

過去エントリーを切り捨てる前に

価値のない(質の低い)コンテンツはSEOでも不利なため、削除してしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、過去エントリーを切り捨てる前に、そのエントリーが検索流入が持続しているエントリーであるのかを確認してみてください

 

検索流入が持続しているエントリーであればリライトすることで「質のよいコンテンツ」に生まれ変わる可能性が充分にあります

 

もしくはそれを元にして、新たにエントリーを作成してみることも有効です。


元エントリーが「自分の強み」を見い出したものなのですから、必ず「質のいいコンテンツ」を作り出すことに繋がるのです。

 

 ※ 関連エントリー


【SEO】検索流入はユーザーのニーズだけでなく自分の強みも見つかる - 検索サポーター

 

 

Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.