読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【Google】日本語検索のみ品質評価アップデートを実施。求められる「愛」のあるコンテンツとは?

Google SEO 検索 ライティング ブログ運営

既にご存知の方も多いでしょうが、去る2月3日、節分の日にGoogleが日本のみ(日本語検索のみ)に対応した検索アルゴリズムの品質評価アップデートを実施しました

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

 

この品質評価アップデートによって、多くのキュレーションサイトの検索順位が下落したと報じられています。

 

(実際に対象となった(トラフィックが大幅減少した)とされるサイトとして、キュレーションサイトが挙げられています。)

 

キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い - ITmedia NEWS

 

既に2週間も前の出来事ですので情報提供としては遅きに失した感じではありますが、先日行われた「In-house SEO Meetup」が主催する「Google MFI Night」において、品質評価アップデートについて明らかになった事もありますので、特に重要だと思われる事項をまとめると共に、そこで語られた『コンテンツは「愛」』という言葉について、私なりの見解、考察を交えてお話しいたします。

 

高品質コンテンツに求められるのは"愛"――日本語検索独自の品質評価アルゴリズム更新についてGoogle社員が語った #inhouseseo | 海外SEO情報ブログ

 

重要なポイントは…

  • 品質評価アップデートはキュレーションサイトが対象なのか?
  • Googleは情報の真偽を判別していない
  • ページ単位だけでなくサイト単位でも評価される
  • オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトとは?
  • コンテンツ品質を向上させる「愛」のある対応とは?
  • 「愛」のあるコンテンツ作成の対応まとめ

 

ハートのクッションを持つ女性

愛だろっ、愛。

 

続きを読む

【SEO】「価値のない質の低いコンテンツ」のペナルティを受けたら独自性という価値を与えているか確認する

SEO 検索 コンテンツ ブログ運営 ライティング

Googleの手動対策、ペナルティには「価値のない質の低いコンテンツ」というスパム判定が存在します。

 

このペナルティを受けると、対象となったコンテンツの評価が落とされてしまい、それに伴ってGoogleの検索順位も落ちてしまいます。

 

最悪の場合は検索結果にすら表示されなくなる、インデックス削除というとても重いペナルティを受けることがあります。

 

このようなペナルティを受けるコンテンツに共通すること、それは他サイトのコンテンツの引用ばかりで構成されている「いわゆるコピペコンテンツ」であったり、同じサイト内に存在するコンテンツとほぼ内容が同じ(そのコンテンツページ独自の情報が極端に少ない)であるケースが多いものです。

 

手動対策を受けた際の解除方法として、『Web担(Web担当者Forum)』のエントリー「うざいインタースティシャル撲滅作戦をグーグルが開始【SEO記事まとめ10+2本】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「「価値のない質の低いコンテンツ」ペナルティを受けたときにチェックすべき3つの項目」では、常日頃から意識しておくべきことが纏められています。

 

その中でも私は独自性という価値を与えることが最も大切なことだと考えています。

 

「価値のない低いコンテンツ」が存在していたことで手動対策を受けたアフィリエイトサイト管理者の相談(Googleヘルプフォーラム)を元に、「コンテンツにて独自性という価値がある」とはどういうことなのかを考えてみましょう。

 

価値のない質の低いコンテンツの再審査が通りません。: Google グループ

 

重要なポイントは…

  • ただの真似は「その他大勢」に埋もれる 
  • 独自性という価値を与えているか
  • 独自性がないものは検索エンジンもユーザーも嫌う

沢山のアヒルのぬいぐるみ

同じものばかりでは味気ない。

 

続きを読む

【SEO】Googleのモバイル検索結果に「~に移動」というページ内のid属性(アンカーリンク)が表示可能に

SEO 検索 Google スマートフォン コンテンツ ブログ運営 リライト

※2017/1/20:検索結果のリンクの作成はid属性ではなく、アンカーリンクのテキストによって作成されます。記述ミスの部分を修正しました。

 

従来のGoogleモバイル検索では検索結果をタップすると、そのページの頭の部分から表示されるのですが、今回より検索クエリに該当するページ内にid属性(アンカーリンク)が割り振られている箇所があるならば、その場所に直接アクセス出来るリンクが検索結果に表示されるようになりました。

 

つまり、モバイル検索結果から検索クエリに適うページ内の該当部分に直接飛ぶことが出来る、閲覧できるようになったのです。

 

今まではユーザー自らそのページの頭から該当部分を探さなくてはなりませんでしたが、この機能によってその手間が省かれることはもちろん、検索結果のdescription(概要文)には検索クエリに適う文章が表示される可能性が高まることにもなるので、検索流入が増えることにも繋がります。

 

検索流入を増やす、SEO対策を考えるなら是非とも知っておきたい検索結果の仕様変更です。

 

重要なポイントは…

  • PCもモバイルでも既に導入済みであった
  • description(概要文)に「~に移動」というリンクが作られる
  • id属性を割り振る(アンカーリンクを設定する)
  • id属性を埋め込めばよいというものではない

 

PCとスマホを見ている2人の女性

PCでも既に導入済です。

 

続きを読む

【SEO】Googleがコンテンツを邪魔するインタースティシャル、ポップアップの検索評価を下げるアルゴリズムを導入

SEO 検索 Google スマートフォン Adsense リライト

※ 2017/1/13:アメリカで実際にインタースティシャルのペナルティにて、順位が下落したとされる例が書かれたエントリーへのリンクを追記しました。

 

以前より伝えられていたGoogleのアルゴリズム更新が先日(2017年1月11日)実施されました

 

これは「モバイル向けサイトにおいて、ユーザーがモバイル検索結果からコンテンツに簡単にアクセスできない(コンテンツの閲覧を邪魔する)ページの検索評価を下げる」というアルゴリズムであり、ついに更新、導入が行われたということになります。

 

つまり、インタースティシャルやポップアップなどの表示によって、ユーザーがコンテンツを閲覧することを阻害する(不都合を感じる)仕組みが導入されているページは検索評価が落ちる(検索順位が下落する)ことになります

 

モバイル向けサイトに広告を表示させるためにインタースティシャルやポップアップを採用しているサイト(ブログ)は多いものです。

 

今後はそのようなサイト(ブログ)のページの検索順位が落ちることになるということをしっかり認識しておきましょう。

 

【追記】

アメリカで実際にインタースティシャルのペナルティにて、順位が下落したとされる例が書かれたエントリーをご紹介します。

 

 

Google Intrusive Interstitials Mobile Penalty Hurting Some Site's Mobile Rankings Now

 

重要なポイントは…

  • 新しいランキング要素の影響を受けない手法もある
  • 検索クエリの意図は引き続き重要な要素です
  • モバイルファーストインデックス導入以降はどうなるか?

 

スマホを眺める男の写真

回避策はあるか?

 

続きを読む

【ブログ運営】2017年 新年のご挨拶と今年の仕事の抱負

ブログ運営 雑記 Webサービス

新年を迎えて年頭のご挨拶

新年 あけましておめでとうございます。

 

旧年中は「検索サポーター」をご贔屓にしていただき誠にありがとうございました。

 

今年も何卒よろしくお願いします。

 

おみくじは大吉でした

おみくじは大吉でした!

 

続きを読む

【ブログ運営】単著の出版など大きな動きのあった2016年「検索サポーター」まとめ

ブログ運営 SEO 検索 コンテンツ ライティング

2016年大晦日です。

 

検索サポーター」の読者の皆様、今年も大変お世話になりました。

 

今年は仕事に恵まれたこともあり、当ブログの更新はかなり滞ってしまいましたが、それでもアクセス数はもちろん、肝心の仕事の依頼も収入も順調に伸びた一年となりました。

 

(具体的な数字を出しちゃうのはいやらしく感じるので、あえて出しませんが。)

 

特に検索流入はブログ開設以来、依然として右肩上がりで増え続けています。

 

これはストックされているエントリーが着実に資産となっている、多くの人に活用されているという証明でもあると自負しています。

 

また、待望の単著「文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方」を6月に出版し、それがきっかけとなり寄稿やオウンドメディアなどのコンテンツ作成(ライティング)の依頼が沢山舞い込んだ一年でもありました。

 

そこで当エントリーにて、私の2016年の主な出来事、活動報告と共に毎年恒例となっている注目記事をご紹介します。

 

※ 2015年の注目記事まとめはこちら

【ブログ運営】アクセスの多い2015年のエントリーまとめからブログ運営を考える - 検索サポーター

 

猿の写真

今年もお世話になりました。

 

2016年「検索サポーター」まとめ

  • 2016年の主な出来事、活動報告
    • 1.単著「文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート」の出版
    • 2.「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」への寄稿
    • 3.セミナーの登壇、出会い
    • 4.寄稿、連載の開始
    • 5.Webサイト、ECサイトの構築、運用
    • 6.骨折
  • 2016年の「検索サポーター」注目記事
    • PV第3位:【SEO】Googleはサイト全体も評価する。低品質ページをリライトしてサイトの評価を底上げしよう
    • SNS第3位:【SEO】Googleがスパム対策にも機械学習を使うよう取り組み中。RankBrainがネガティブ被リンクの価値も判別するか
    • PV第2位:【SEO】2016年こそ心がけておきたいコンテンツ重視のSEO4つの項目
    • SNS第2位:【告知】私の単著「文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート」が2016年6月6日に発売されます!
    • PV第1位:【ブログ運営】はてながGoogleの指摘に応じて低品質と判断されたブログをインデックス対象から除外
    • SNS第1位:【SEO】ECサイトでは日曜日に意思決定する傾向が高く、PVは20時から24時まで伸びるという結果に
  • 2016年のまとめ

 

続きを読む

【SEO】ドメインオーソリティが低いから低品質?更新頻度が高いから低品質とは限りません

SEO 検索 Google コンテンツ ライティング

重要なポイントは…

  • 初心者は鵜呑みにしてはいけません
  • 「ドメインオーソリティが低いから低品質なブログ」?
  • 「多更新は無意味でありブログに最悪な影響を与える」?
  • 「リライトは大幅変更とする」?
  • 最後に「ユーザー目線」だと尤もらしく語っていますが
  • 個人的な意見を言えば…

初心者は鵜呑みにしてはいけません

以前「リスティング広告は自然検索の順位に影響する」という都市伝説や、「リライトによるSEO対策は3000文字が必要だ」と根拠のないことを語っていたブログエントリーについて、私はその内容を否定したエントリーを書きました。

 

【SEO】いまだに語られるリスティング都市伝説と、ユーザーの検索意図を汲まない無意味なリライトと長文 - 検索サポーター

 


同様に、昨日は「ドメインオーソリティーが低いから低品質なブログだ」と一方的に決めて、他者のブログを見当違いな分析によって低品質だと論じていたエントリーを目にしてしまいました。

 

初心者必見!超簡単で効果的なブログのSEO対策1900選の紹介! - 永遠の大学生になるために

 

上記エントリーは初心者必見のSEO対策であるとタイトルに書いて煽っていますが、そもそも初心者がドメインオーソリティーを知っていたり、理解出来たらもう初心者ではありません。


また、ドメインオーソリティーをちゃんと理解して、かつ数値を上げるべく対策を考えて実行することは初心者だけでなくある程度SEOのことを知っている、熟練している人であってもかなり難しいことです。

 

残念ながらそのエントリーをむしろ初心者が見て鵜呑みにしてしまうと、SEOを誤解してしまうでしょう

 

そして肝心のエントリー内容も所々誤っている記述が多い、説明不足な点が多いので、私はこのエントリーにて指摘かつ説明を行おうと思います。

 

PCを見て怪しんでいる男の写真

それ、どこ情報?

 

続きを読む
Copyright © 2017 サーチサポーター All rights Reserved.