読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】リライトと長文、そしてnoindex…言葉だけを鵜呑みにすれば失敗します

SEO 検索 コンテンツ ライティング

伝えたいことは…

  • 言葉だけの方法論から脱却する
  • ユーザーのためのリライト(多更新)を行う
  • 長文(圧倒的な文字数)であればよいということはない
  • 検索流入が少ないエントリーはnoindexにするの罠
  • 矛盾した施策に惑わされない

言葉だけの方法論から脱却する

「記事のリライト(多更新)」や「長文(○○文字以上)記事」、そして「検索流入が少ない記事はnoindexにする」ことはSEOの効果があり、検索流入を増やすことが出来る!

 

こういったSEO対策、ノウハウを最近よく目にすることがありませんか?

 

これらのSEO対策は確かに「一理ある」対策だとも言えるのですが、書かれた言葉をそのまま言葉通りに受け取ってしまう、鵜呑みにしてしまうと正解にはなりませんし、残念ながら結果も伴いません(思惑通りに検索流入は増えません)。

 

そういったSEO対策について書かれたエントリーのほとんどが「なぜSEOの効果があるのかという理由や、その方法を有効にするための前提条件」については書いておらず、方法論のみに終始したものとなっているからです。

 

知識も経験もない読者は書かれた言葉だけを鵜呑みにしてしまいますし、自身のサイト(ブログ)に合わせることもなく書かれた通りに実施したとしても再現性もなく精度も低い対策となってしまうので結果は伴いません。

 

以前も当ブログで「理由と前提条件を理解することで効果が出るSEO対策」について言及しましたが、そのSEO対策もよく「理由と前提条件」が書かれずに伝播されてしまう、言葉通りに受け取られてしまうのでほぼ効果がない(検索流入が劇的に増えることはない)ものとなります。

 

【SEO】「複数のh1はダメ」「被リンクは価値がない」「HTTPSが有利」という言葉だけを真実としない - 検索サポーター

 

特に今回のテーマに据えた「リライトと長文、そしてnoindexの実施」は一見SEOの効果が高そうな施策のように思えますが、言葉通りに鵜呑みにし、これを全て実施することはある意味矛盾しているとも言えます。

 

(検索流入を増やすためにリライトと長文を実施しておきながら、検索流入が少ないエントリーはnoindexにする(検索されないようにする)って、おかしなことだと思いませんか?)

 

そこで、このエントリーではリライトと長文、そしてnoindexについて「理由や前提条件」をご説明いたします。

 

言葉だけの方法論から脱却していただければ幸いです。

 

頭を抱えて悩んでいる男性の写真

うまくいかないことにも理由があります。

 

続きを読む

【SEO】nofollowでないウィジェットリンクはスパムとみなすことをGoogleが改めて通告

SEO 検索 Google コンテンツ

伝えたいことは…

  • rel=nofollow”属性を指定する
  • 昔はブログパーツに仕込まれて流行った手法です
  • 手動対策をしっかり行う

rel=nofollow”属性を指定する

Googleは以前より「サイトのページランクを操作することを目的としたリンクを集めること(有料リンクなど)」について、厳しい態度(ペナルティを与えること)を徹底しています。

 

(有料でなくても「リンクを含んだPR記事を掲載すること」や、「自演での大量被リンク集め」も同様にペナルティが与えられます。)

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ: PageRank を渡す有料リンクについて覚えておいて頂きたいこと

 

この問題を解決する(スパムとみなされないようにするため)には、有料リンクやPR記事のリンクには「rel=nofollow”属性を指定する」ことで、そのリンクは広告(PR活動)としてのリンクであることを検索エンジンに認識させる必要があります。

 

すなわち、「rel=nofollow”属性を指定する」ことでリンク先にページランクを渡さないリンク設定にする必要があるのです。

 

(このことについては以前にも当ブログでまとめています。ご参照ください。)

 

【有料リンク】広告(PR活動)リンクはしっかり「rel="nofollow"」をつけましょう - 検索サポーター

 

しかし、これが順守されていない(情報が正しく共有、認識されていない)からなのか、Googleは大量のキーワードを含むリンクや隠しリンク、低品質のリンクがウィジェットに埋め込まれたまま様々なサイトへ配布されているケースについて再び注意喚起を行っています。

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウィジェット リンクについて覚えておいて頂きたいこと

 

こうして再び注意喚起されるということは、最近になってまたそのスパム手法が増えてきた、ウィジェットを使っての不正行為が散見されているということでもあるのでしょう。

 

ウィジェットリンクでも不自然ならスパムとみなされる。

 

続きを読む

【Google】ついに実施!Googleがペンギンアップデート4.0の公式発表を予定

Google SEO 検索 ブログ運営 リライト

※ 2016/9/23:Googleがペンギンアップデートを実施し、これからはリアルタイムで処理を行うコアのランキングアルゴリズムとすることを発表しました。

先週末もコアのランキングアルゴリズムのアップデートが行われましたが

もう忘れ去られてしまっていた、もう実施されることはないと多くの人が思っていたであろうペンギンアップデート4.0がついに実施されるようです!

 

Googleのオフィスアワーにて、ジョン・ミューラー氏が「ペンギンアップデート4.0について公式発表の準備を行っている」ということを明言しました。

 

 

昨年より何度も実施することが伝えられていたペンギンアップデート4.0ですが、ことあるごとに「近々実施する」とだけ発表され、年が明けた2016年9月現在になっても実施はもちろん告知すらもされていませんでした。

 

そんな中、先週末にGoogle検索にて大きな順位変動が起こり、「ペンギンアップデート4.0が起きたのではないか?」という予測がなされたのですが、これはコアのランキングアルゴリズムのアップデートであり、ペンギンアップデート4.0ではないということが言われています。

 

Google: Penguin 4.0 Did Not Launch This Weekend

 

また、先週末のコアのランキングアルゴリズムアップデートの前には、ローカル検索のアルゴリズムについてもアップデートされたと言われており、この2つの連続したアップデートによって順位が大幅に変動したサイトも多く存在することで、ペンギンアップデート4.0であろうと予測されたものでした。

 

Google Local Pack Results Algorithm Or Spam Update?

 

ちなみに私が管理しているサイト(ブログ)では、ほぼ変化はなかった(むしろ順位が微妙に上がった)のでさして気にしてはいなかったのですが、まわりでは検索順位が落ちたという話ばかりを見聞きしましたので、間違いなくこの2つのアップデートは行われたのでしょう。

 

そして、この2つのアップデートと違うペンギンアップデート4.0が今後実施される予定であることがミューラー氏の口から語られたのですから、今後は更に検索順位の変動が起こることが予想されます。

 

実施する日時までは限定しませんでしたが、近日中に発表が行われ、実施されることは間違いないでしょう。

 

(さすがにここまで引っ張っておいて、公式発表で「やっぱり止めます」なんて言うとは思えませんし、止めるのだったらわざわざ発表の準備をしているなんて言わないでしょうから。)

 

【追記】

2016/9/23にGoogleがペンギンアップデートを実施し、これからはリアルタイムで処理を行うコアのランキングアルゴリズムとなること、そして今後はペンギンアップデートについてはコメントを行わないことも併せて発表されました(Googleはコアのランキングアルゴリズム更新については今までも告知しませんでした)。

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ: Penguin が Google のコア アルゴリズムの一部になりました

 

 

キーボードを打っている男の写真

ペンギンアップデート4.0の対策は?

 

 

続きを読む

【SEO】フッターリンクにSEO効果(リンクの価値)はない?乱用はスパムと判定されることもあり

SEO 検索 Google ブログ運営

フッターなどテンプレート部分はコンテンツとみなさない

フッターに設置しているリンクにSEO効果はあるのか?

 

そのような質問が投げかけられ、Googleのジョン・ミューラー氏が「詰め込み型のリンクは無視をする」と回答したことが『Web担(Web担当者Forum)』のエントリー「HTTPSでインデックス済みのURLをHTTPに戻すにはどうすればいいのか? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「キーワードを埋め込んだフッターリンクにSEO効果はあるのか?」にて纏められていました。

 

すなわち、フッターのリンクについてはGoogleはコンテンツの評価対象とはしていない、SEO効果はない(検索順位の評価に関係しない)ということです。

 

加えて言うなら、フッターだけでなくサイト(ブログ)のヘッダーや横カラム(サイドメニュー)にあるリンクもほぼ無視をされる、共通テンプレートとして貼られたリンクについてもSEO効果はないのです。

 

Googleは共通テンプレート部分にあるリンクは「そのページ固有のコンテンツ」とはみなしません。

 

これについてはGoogleのミューラー氏が過去に同じ回答を行っていますし、同じくGoogleのジネブ氏も「フッターやヘッダーなどサイトの全ページからのリンクは重視されない」と答えています。

 

【SEO】Googleはh1タグからメインコンテンツとして評価し、共通テンプレート定型文は評価に含まない - 検索サポーター

 

【SEO】サイト全体の共通テンプレート(ヘッダー、フッターなど)からのリンクは価値が低い - 検索サポーター

 

今回のようにSEO効果を期待してフッターにリンクを仕込む、逆に撤去をしたとしても、そのことで検索評価は上がらないというのがGoogleの結論です。

 

(「無駄なリンクのメンテナンスに時間を費やすのは意味がない」とも。)

 

 諸葛亮いわく「ほかにすることはないのですか」

 

続きを読む

【SEO】外部リンクによるスパムを繰り返すとペナルティは永久に解除されなくなることもある

SEO 検索 Google ディレクション

伝えたいことは…

  • ペナルティは繰り返すと重くなり、解除もされなくなる
  • 3回目ともなると解除は難しくなる?
  • ドーピングをしてまで順位を上げたいですか?
  • ネガティブSEO(逆SEO)でもペナルティを受けてしまう

ペナルティは繰り返すと重くなり、解除もされなくなる

Googleの手動による対策(ペナルティ)が解除されなくなってしまった…

 

そんな状況に陥ってしまっている原因は、外部リンクによるスパムを何度も行っているからかもしれません。

 

外部リンクによるスパムで受けるペナルティは回を重ねる度に重くなり、何度も繰り返すとペナルティそのものが重くなるだけでなく、永久に解除すらされなくなることもあるということが『Web担(Web担当者Forum)』のエントリー「AMPでは、ソーシャルボタンもサイドバーも広告もレコメンドも実現できる などSEO記事まとめ10+3本 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「不自然リンクのペナルティは回数が重なるとどんどん重くなる」にてピックアップされています。

 

検索評価(SEO)における外部リンク、いわゆる被リンクの価値は以前ほど絶対的な効果はなくなったとはいえ、それでも被リンクの数、質は今でも検索順位を決める上での要因の一つであることに変わりありません。

 

(理論的には被リンクなしでも検索1位を取ることは可能だとGoogleは発言しています。それだけ今は被リンクよりもコンテンツそのものを評価しているということです。)

 

【SEO】被リンクなしで検索1位を取ることは可能だが「良質なコンテンツ」は勝手に被リンク、拡散されます - 検索サポーター

 

そのため被リンクを集めるべくサテライトサイトをたくさん作り、そこから外部リンクとして被リンクを得る自演行為や、業者から有料リンクを買う(リンクを貼ってもらう)ことによってサイト評価を底上げするという行為が以前は横行していました。

 

しかし、こういった行為はスパム行為であるとGoogleは判定しており、リンクを貼った、貼られたサイトには以前よりも厳しいペナルティを与えるようになっています。

 

特に有料リンクについては、他のペナルティよりもさらに厳しい、重いペナルティが与えられるまでになっています。

 

【Google】リンクプログラムのネットワーク(リンク売買)に通常よりも厳しいペナルティを実施 - 検索サポーター

 

【SEO】Googleが不自然な発リンクを設置しているサイトに大規模な手動ペナルティを実施 - 検索サポーター

 

ここで一つ気を付けて欲しいことは、有料リンク全てがダメ、ペナルティの対象となるというわけではないということです。

 

有料リンクであっても広告(PR活動)リンクとして「rel="nofollow"」属性を付加することで、そのリンクはペナルティの対象とはみなされないということです。

 

そうではないリンク、すなわち自然に貼られたリンクと見せかけて被リンクの評価を渡す(Googleガイドラインに則して言えば「ページランクを転送する」)ことがスパム行為である、リンクスパムとだとみなされるのです。

 

【有料リンク】広告(PR活動)リンクはしっかり「rel="nofollow"」をつけましょう - 検索サポーター

 

こういった行為が何度も続くと、回を重ねるごとにペナルティ解除の審査が厳しくなり、更には手動による対策(ペナルティ)が永久に解除されなくなってしまうというのが今回のトピックです。

 

※参考:ウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返すサイトについて

Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返すサイトについて

 

お手上げ状態の男の写真

解除出来ない!なんてことも起こりえます。

 

続きを読む

【SEO】AMP対応は必須となるか?GoogleがAMP対応を促すメッセージの配信とモバイル検索結果に専用枠を導入予定

SEO 検索 Google スマートフォン ブログ運営 WordPress リライト

※ 2016/8/16:AMP対応ページにAdSenseを表示させるための設定として、amp-adタグについて追記。

 

伝えたいことは…

  • GoogleがAMP対応を促すメッセージを配信
  • モバイル検索結果に新しい機能(専用枠)を導入予定
  • AMP対応のメリット、デメリット
  • AMP対応は必須となるか?

GoogleがAMP対応を促すメッセージを配信

つい先日、Googleはモバイル検索にて「AMPページをスマホ向けページに置き換えてA検索結果に表示する実験を開始した」ことを当ブログでもお伝えしましたが、更にGoogleはAMP対応をサイト管理ユーザーに促すため、サーチコンソールからAMP対応ページの作成を推奨するメッセージを配信したようです

 

このメッセージはいまだ英語圏のユーザーだけに配信されているにとどまっいるようですが(私の管理する日本語アカウントのいずれにもメッセージは送られてきていませんが昨日確認したところ、メッセージが来ているアカウントもありました)、遅かれ早かれ日本語圏はもちろん、全てのサーチコンソールアカウントにこのメッセージは配信されるのではないかと私は考えています。

 

SEOコンサルタントのアラン・ブレワイズ氏のtweet

 


実は、Googleは以前にもAMP対応を促す同様のメッセージを(主にニュースサイトを運営している)サイト管理者に配信したことがあります。

 

「Search Engine Land」のグレン・ゲイブ氏のtweet

 

今回のメッセージ配信はその限りではないことから、GoogleにはAMPの導入を更に広げたいという意図があることが読み取れます。

 

また、モバイル検索流入を考えるなら(モバイル検索ユーザーに価値を与えたいなら)、今後はAMP対応は必須となる、避けては通れなくなることが予想されます。

 

【SEO】音声検索は文字入力検索に比べアクション系クエリが30倍多いことやAMPページ対応からモバイル検索を考える - 検索サポーター

 

【SEO】GoogleニュースがAMP対応を開始。モバイル検索の評価に影響するか? - 検索サポーター

 

 

スマホを見て驚いている男の写真

モバイル検索結果が変わります。

 

続きを読む

【SEO】リンク否認を行った被リンクも、否認ファイルから削除すれば再評価される

SEO 検索 Google ブログ運営

ファイルを再送信すれば問題なし

リンク否認を行った複数の被リンクの中に問題のない(ペナルティの対象ではない)リンクがあり、そのリンクを再び評価対象に含めることは出来るのか(Googleは再評価してくれるのか)?

 

この質問にGoogleのジョン・ミューラー氏が「リンク否認ファイルから削除して新しいファイルを送信すれば、Googleは再び評価に含める」と回答したことが『Web担当者Forum(Web坦)』のエントリー「販売終了ページをカテゴリページやトップページにリダイレクトするとソフト404になる!? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「良いリンクを否認しても、否認ファイルから削除すれば再評価される」にて取り上げられていました。

 

サイト(ブログ)を運営しているとネガティブSEO(逆SEO)はもちろん、コピペサイトやbotが自動生成したリンクファームなどから、質の低い被リンクが貼られてしまうことがあります。

 

そのような被リンクは(自分が意図して行ったものではないので)特に何も対策もせずに放置しがちですが、該当の被リンクがペナルティ対象となることで、結局は自分のサイトの検索価値も下げてしまうことになります。

 

この対策として、サーチコンソールからリンク否認を行うことで被リンク価値の無効化を図るのですが、その際に問題のない、むしろプラス評価になっていた良いリンクも一緒に否認してしまうことがあります。

  

そんな場合でも、否認ファイルから該当のリンクを削除した新しいファイルを送信すれば、(すぐにではないが)そのリンクはGoogleに再評価される(検索順位の評価対象とする)というのが、今回のGoogleのジョン・ミューラー氏の回答です。

 

リンクの状態をおおまかに調べること。

 

続きを読む
Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.