読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】AMP対応は必須となるか?GoogleがAMP対応を促すメッセージの配信とモバイル検索結果に専用枠を導入予定

SEO 検索 Google スマートフォン ブログ運営 WordPress リライト

※ 2016/8/16:AMP対応ページにAdSenseを表示させるための設定として、amp-adタグについて追記。

 

伝えたいことは…

  • GoogleがAMP対応を促すメッセージを配信
  • モバイル検索結果に新しい機能(専用枠)を導入予定
  • AMP対応のメリット、デメリット
  • AMP対応は必須となるか?

GoogleがAMP対応を促すメッセージを配信

つい先日、Googleはモバイル検索にて「AMPページをスマホ向けページに置き換えてA検索結果に表示する実験を開始した」ことを当ブログでもお伝えしましたが、更にGoogleはAMP対応をサイト管理ユーザーに促すため、サーチコンソールからAMP対応ページの作成を推奨するメッセージを配信したようです

 

このメッセージはいまだ英語圏のユーザーだけに配信されているにとどまっいるようですが(私の管理する日本語アカウントのいずれにもメッセージは送られてきていませんが昨日確認したところ、メッセージが来ているアカウントもありました)、遅かれ早かれ日本語圏はもちろん、全てのサーチコンソールアカウントにこのメッセージは配信されるのではないかと私は考えています。

 

SEOコンサルタントのアラン・ブレワイズ氏のtweet

 


実は、Googleは以前にもAMP対応を促す同様のメッセージを(主にニュースサイトを運営している)サイト管理者に配信したことがあります。

 

「Search Engine Land」のグレン・ゲイブ氏のtweet

 

今回のメッセージ配信はその限りではないことから、GoogleにはAMPの導入を更に広げたいという意図があることが読み取れます。

 

また、モバイル検索流入を考えるなら(モバイル検索ユーザーに価値を与えたいなら)、今後はAMP対応は必須となる、避けては通れなくなることが予想されます。

 

【SEO】音声検索は文字入力検索に比べアクション系クエリが30倍多いことやAMPページ対応からモバイル検索を考える - 検索サポーター

 

【SEO】GoogleニュースがAMP対応を開始。モバイル検索の評価に影響するか? - 検索サポーター

 

 

スマホを見て驚いている男の写真

モバイル検索結果が変わります。

 

続きを読む

【SEO】リンク否認を行った被リンクも、否認ファイルから削除すれば再評価される

SEO 検索 Google ブログ運営

ファイルを再送信すれば問題なし

リンク否認を行った複数の被リンクの中に問題のない(ペナルティの対象ではない)リンクがあり、そのリンクを再び評価対象に含めることは出来るのか(Googleは再評価してくれるのか)?

 

この質問にGoogleのジョン・ミューラー氏が「リンク否認ファイルから削除して新しいファイルを送信すれば、Googleは再び評価に含める」と回答したことが『Web担当者Forum(Web坦)』のエントリー「販売終了ページをカテゴリページやトップページにリダイレクトするとソフト404になる!? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「良いリンクを否認しても、否認ファイルから削除すれば再評価される」にて取り上げられていました。

 

サイト(ブログ)を運営しているとネガティブSEO(逆SEO)はもちろん、コピペサイトやbotが自動生成したリンクファームなどから、質の低い被リンクが貼られてしまうことがあります。

 

そのような被リンクは(自分が意図して行ったものではないので)特に何も対策もせずに放置しがちですが、該当の被リンクがペナルティ対象となることで、結局は自分のサイトの検索価値も下げてしまうことになります。

 

この対策として、サーチコンソールからリンク否認を行うことで被リンク価値の無効化を図るのですが、その際に問題のない、むしろプラス評価になっていた良いリンクも一緒に否認してしまうことがあります。

  

そんな場合でも、否認ファイルから該当のリンクを削除した新しいファイルを送信すれば、(すぐにではないが)そのリンクはGoogleに再評価される(検索順位の評価対象とする)というのが、今回のGoogleのジョン・ミューラー氏の回答です。

 

リンクの状態をおおまかに調べること。

 

続きを読む

【SEO】音声検索は文字入力検索に比べアクション系クエリが30倍多いことやAMPページ対応からモバイル検索を考える

SEO 検索 Google スマートフォン コンテンツ

伝えたいことは…

  • ハミングバードが更に重要に
  • アクション系クエリの他にも増えている検索クエリ
  • モバイル検索結果でAMPページを表示する実験が開始
  • ユーザーの利便性、検索意図は大前提です

ハミングバードが更に重要に

今やモバイル検索の20%が音声検索であることは以前に当ブログでも取り上げましたが、「グーグルアプリの音声検索では、文字入力の検索と比べると、アクション系のクエリが30倍多くなっている」というGoogleのマリヤ・モエヴァ氏の発言が『Web担(Web担当者Forum)』のエントリー「音声検索は文字入力検索に比べてアクション系クエリが30倍多い | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」のテーマ「音声検索は文字入力検索に比べてアクション系クエリが30倍多い」にてまとめられていました。

 

【SEO】今やモバイル検索の20%が音声検索。ハミングバードがより重要に - 検索サポーター

 

ただし、ここで言う「音声検索」は、グーグルアプリの音声検索であり、「パーソナルアシスタントとして利用するため」の検索クエリであるとのことです。

 

それでもGoogle(検索エンジン)を使った検索クエリであることには変わりがありませんし、日に日にモバイル検索の数は増えており、その検索クエリも口語であることが増えていることはサイト(ブログ)を管理している方のほとんどが実感しているのではないでしょうか。

 

(アクセス解析にて流入した検索キーワードを確認すると、明らかに「語りかけられた」検索キーワードであるものが増えてきていますよね。)

 

今まで以上にハミングバードを意識したコンテンツを作成することが肝要となる、モバイル検索対策となると言えるでしょう。

 

スマートフォンを外で操作している男の写真

何処で検索しているか?も考えましょう。

 

続きを読む

【SEO】ポップアップやインターステイシャルでコンテンツが隠れるとSEOでマイナスとなり得る

SEO 検索 Google スマートフォン 広告 リライト

※ 2016/7/28:モバイルページでは、タブや展開ボタンはポピュラーな手法であるとGoogleは認識している旨を追記。

コンテンツが正しく評価されないからSEOでマイナスとなる

サイトをを閲覧しようとしたらポップアップ、インターステイシャル広告が強制的に表示され、画面いっぱいに表示されてしまうことで、広告をクリックするかスキップを行わない限りはコンテンツが読めない(見えない)…

 

このようなことを誰もが一度は経験しているのではないでしょうか?

 

そんなポップアップ、インターステイシャル広告は、肝心のコンテンツを隠してしまうため、Googleがちゃんと評価せずにスルーしてしまう可能性が十分にある(コンテンツが正しく評価されないため、SEOでマイナスとなる)ことが『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「ポップアップで隠されたメインコンテンツをグーグルは重要視しないかも | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」にて、Googleのジョン・ミューラー氏の回答と共に取り上げれられていました。

 

【質問者】

ポップアップで隠されたコンテンツよりも、ポップアップ内のコンテンツをGooglebotが重要視してしまう危険性はありますか?

 

【ミューラー氏】
そういうことは起こりうる。間違いなく起こりうる。

 

訳:

ポップアップで隠されたメインコンテンツをグーグルは重要視しないかも | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

 

元エントリーの見解にあるように、ポップアップ、インターステイシャル広告によって、絶対に検索評価が落ちるというわけではありませんが、隠れてしまったコンテンツが正しく評価されないのですから、SEOでマイナス要因となる可能性が高いというのも納得が出来る話です。

 

特にモバイルサイトにおけるアプリインストールのインタースティシャルについては、Googleは既にマイナス評価を与えるアルゴリズムを組み込んでいます。

 

これはコンテンツが正しく評価されないどころか、アプリのインストールを押し売りしていることにもなるので「ユーザー体験も著しく損ねている」、故に検索評価(SEO)も落としているということになると言えるでしょう。

 

 

スマホの画面を眺めて起こっている男の写真

隠す広告はSEOでも「邪魔」になる。

 

続きを読む

【ブログ運営】Googleは情報の真偽を判断できない。だからこそ間違っていない情報を積極的に発信しよう

ブログ運営 Google SEO 検索 コンテンツ

伝えたいことは…

  • 間違った情報が検索上位に表示されているケースがある
  • 間違っていない情報を積極的に発信する
  • 事実と意見(考察)をしっかり分ける
    • 余談ですが気を付けて欲しいことを

間違った情報が検索上位に表示されているケースがある

少し前の話題なのですが、『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「グーグルは情報の正しさを保証しない。嘘情報でも上位表示することがある などSEO記事まとめ10+2本 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」にて、2016年6月30日に行われた「ウェブマスターオフィスアワー」での質疑応答の内容がまとめられていました。

 

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2016 年 6 月 30 日) - Google+

 

その中の質問に「虚偽情報が掲載されているサイトが上位表示されている場合がある」というものがあり、その答えとしてGoogleの永山氏が「Googleは検索結果に表示するページの情報が正しいかどうかは判断していない」と回答したことが書かれています。

 

検索エンジンが示す結果にかかわらず、ネットで情報収集を行っていれば真偽が不明瞭な情報に出会うことは少なくありません。

 

それこそ専門家であればすぐに嘘、デマだと分かることだったとしても、専門家ではない一般の方に真偽を判別することは難しく、断定する文体で書かれていれば間違った情報でも疑いもせずに鵜呑みにしてしまいがちです

  

このような間違った情報は極力検索結果に表示されない、検索上位に表示されなければ(目に触れる機会自体が少なくなるので)一般の方が信用し、損害を被ることも少なくなるのですが、残念ながら今の検索アルゴリズム、Googleでは情報の真偽まで判断することは難しいため、防ぐことは出来ないというのが実情です

 

今の検索アルゴリズムは検索クエリに対する関連性、検索の意図を読み解くことには優れていて、だからこそそれを適えるコンテンツは検索結果の上位に表示されやすいのですが、情報の正確性までは判断してくれていないのです。

 

今や検索エンジンを「何でも書いてある(調べられる)辞書」という感覚で使っている方も多いでしょうが、決してそうではないということを忘れないようにしておいてください。

 

(これは「検索によって情報を探した(能動的な行為によって情報を探り当てた)」ということも勘違いを起こしやすい要因の一つと言えそうです。人は情報に限らず「受動的よりも能動的に得たモノに価値を持ちたがる」生き物ですから。)

 

もちろん、ナレッジパネルに表示されている情報などグーグル側でコントロールできる部分に関しては、フィードバックを送ってもらえれば、修正できる。

しかし、ふつうの検索結果に出てくる情報に関して正確性を判断するのは、検索エンジンの役割ではない。

 

引用:

グーグルは情報の正しさを保証しない。嘘情報でも上位表示することがある などSEO記事まとめ10+2本 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

 

虫眼鏡を持っている女の写真

検索エンジンは「完璧」なツールではありません。

 

続きを読む

【SEO】いまだに語られるリスティング都市伝説と、ユーザーの検索意図を汲まない無意味なリライトと長文

SEO SEM 検索 リスティング Google コンテンツ ライティング

伝えたいことは…

  • 相関関係と因果関係をごっちゃにしていませんか?
  • リスティング(AdWords)に出稿すれば自然検索でも優遇される?
  • リライト、長文を目的にしていませんか?
  • 更新頻度も関係しているは間違い
  • 「答え」でなく「解き方」を理解する

相関関係と因果関係をごっちゃにしていませんか?

最近「リライトと長文はSEOに有効だ(検索順位が上がる)」というブログ記事をよく見かけるようになりました。

 

しかし残念ながらそれらの記事のほとんどが肝心の「ユーザーの検索意図」については説明しておらず、「リライトをしましょう(更新頻度を上げましょう含む)」、「文字数は最低でも2000文字が必要です」としか語っていません。

 

検索順位(検索評価)は検索キーワードそのものよりは検索意図に依存し、かつ、サイト(ブログ)のメインテーマにも依存することなので「一概には言えないこと」なのですが、そういった説明を抜きにして断定してしまっている記事が多いと感じています。

 

最近見たとある記事では、「リスティング広告は自然検索の順位に影響する」という都市伝説を検索評価の要因としていたり、また、どこから出してきたデータなのか分からない総文字数を掲げて、検索上位にする、SEO対策には3000文字が必要だという分析、結論にしていました

 

(「検索上位に表示させるために広告を利用している」という定義自体が私には理解できませんでした。有料リンクのことならばまだ分かりますが、リスティング広告と書いていたのでその言葉通り受けとります。)


受け手にしてみれば数字が示されるとさも正しいことのよう思えてしまいますが、相関関係と因果関係をごっちゃにしている分析は時として間違えた結論に至ってしまいます。

 

(そもそもデータの元となっていた総文字数の理論すらも私は理解できませんでしたが。)

 

このような間違った情報を鵜呑みにして、全く意味のないリライトや、長文を書くブロガーやライターも増えてきているようなので、今回はリスティング広告の都市伝説の否定とリライト、長文について説明したいと思います。

 

【SEO】SEOは「ユーザーに有益な情報を届ける仕組み(手段)」という前提を忘れていませんか? - 検索サポーター

 

 

お金を握りしめている男の写真

リスティングが優遇されるなら、検索上位は大企業だけで占められますよ。

 

続きを読む

【SEO】Googleは著者情報をコンテンツの評価対象にしておらず、オリジナルコンテンツも判断出来ている

SEO 検索 Google コンテンツ

伝えたいことは…

  • 著者情報は既に使われていない
  • サイトの権威性は関係しているのか?
  • オリジナルのコンテンツも判断出来る?
  • 少しでも被害を受けないようするには

著者情報は既に使われていない

Googleはコンテンツの品質評価、すなわち検索評価の対象として「その記事が誰によって書かかれたかという著者情報」は含めていません。

 

そのことがGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏とJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏の口から語られたことが『海外SEO情報ブログ』のエントリー「Googleは、誰が記事を書いたのかをコンテンツ品質の評価要素にしているのか? | 海外SEO情報ブログ」にてまとめられていました。


著者情報(オーサーシップ)はもう2年ほど前よりGoogleの検索結果には表示されなくなっています。

 

しかし、著者の権威性(オーサーランク)については、ある特定の場面では検索評価の要素にしているということがマット・カッツ氏の口から語られていました。

 

【Google】検索結果の著者名表示の廃止を発表 - 検索サポーター

 

今回のお二人の発言を言葉通りに受け取れば、今の検索評価では著者情報(オーサーシップ)は評価の対象としていないと捉えられます。

 

たとえば、僕がこのブログやWeb担の連載コラム、Googleヘルプフォーラム、Twitter、Google+で、SEOに関する有益な情報を絶えず発信していたとします。

投稿する場所は異なりますが同一人物による投稿だとGoogleは認識して、コンテンツの品質を評価するときに”僕”という個人を評価の要素にするかどうかを知りたかったのです。
つまり、ヘルプフォーラムの投稿やTwitterの投稿が、このブログの評価にも影響するかどうかです。

ジョンの短い答えから判断すると、影響はしないということでしょうかね。

 

引用:

Googleは、誰が記事を書いたのかをコンテンツ品質の評価要素にしているのか? | 海外SEO情報ブログ

 

Google検索を使っているユーザーは誰が書いたか(著者名)まで気にしていない、(著者名は検索ユーザーには必要な情報ではない)と判断したからこそ、Googleは検索結果から著者情報を消したのでしょう。

 

また、Googleは「検索結果は中身(コンテンツ)を重要視して判断している」と自負しているからこそ著者情報を消したとも考えられます。

 

×を出している男の写真

著者情報はいらない(見られていなかった)ようです。

 

続きを読む
Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.