読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO】ポップアップやインターステイシャルでコンテンツが隠れるとSEOでマイナスとなり得る

SEO 検索 Google スマートフォン 広告 リライト

※ 2016/7/28:モバイルページでは、タブや展開ボタンはポピュラーな手法であるとGoogleは認識している旨を追記。

コンテンツが正しく評価されないからSEOでマイナスとなる

サイトをを閲覧しようとしたらポップアップ、インターステイシャル広告が強制的に表示され、画面いっぱいに表示されてしまうことで、広告をクリックするかスキップを行わない限りはコンテンツが読めない(見えない)…

 

このようなことを誰もが一度は経験しているのではないでしょうか?

 

そんなポップアップ、インターステイシャル広告は、肝心のコンテンツを隠してしまうため、Googleがちゃんと評価せずにスルーしてしまう可能性が十分にある(コンテンツが正しく評価されないため、SEOでマイナスとなる)ことが『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「ポップアップで隠されたメインコンテンツをグーグルは重要視しないかも | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」にて、Googleのジョン・ミューラー氏の回答と共に取り上げれられていました。

 

【質問者】

ポップアップで隠されたコンテンツよりも、ポップアップ内のコンテンツをGooglebotが重要視してしまう危険性はありますか?

 

【ミューラー氏】
そういうことは起こりうる。間違いなく起こりうる。

 

訳:

ポップアップで隠されたメインコンテンツをグーグルは重要視しないかも | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

 

元エントリーの見解にあるように、ポップアップ、インターステイシャル広告によって、絶対に検索評価が落ちるというわけではありませんが、隠れてしまったコンテンツが正しく評価されないのですから、SEOでマイナス要因となる可能性が高いというのも納得が出来る話です。

 

特にモバイルサイトにおけるアプリインストールのインタースティシャルについては、Googleは既にマイナス評価を与えるアルゴリズムを組み込んでいます。

 

これはコンテンツが正しく評価されないどころか、アプリのインストールを押し売りしていることにもなるので「ユーザー体験も著しく損ねている」、故に検索評価(SEO)も落としているということになると言えるでしょう。

 

 

スマホの画面を眺めて起こっている男の写真

隠す広告はSEOでも「邪魔」になる。

 

続きを読む

【ブログ運営】Googleは情報の真偽を判断できない。だからこそ間違っていない情報を積極的に発信しよう

ブログ運営 Google SEO 検索 コンテンツ

伝えたいことは…

  • 間違った情報が検索上位に表示されているケースがある
  • 間違っていない情報を積極的に発信する
  • 事実と意見(考察)をしっかり分ける
    • 余談ですが気を付けて欲しいことを

間違った情報が検索上位に表示されているケースがある

少し前の話題なのですが、『Web担(Web担当Forum)』のエントリー「グーグルは情報の正しさを保証しない。嘘情報でも上位表示することがある などSEO記事まとめ10+2本 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum」にて、2016年6月30日に行われた「ウェブマスターオフィスアワー」での質疑応答の内容がまとめられていました。

 

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2016 年 6 月 30 日) - Google+

 

その中の質問に「虚偽情報が掲載されているサイトが上位表示されている場合がある」というものがあり、その答えとしてGoogleの永山氏が「Googleは検索結果に表示するページの情報が正しいかどうかは判断していない」と回答したことが書かれています。

 

検索エンジンが示す結果にかかわらず、ネットで情報収集を行っていれば真偽が不明瞭な情報に出会うことは少なくありません。

 

それこそ専門家であればすぐに嘘、デマだと分かることだったとしても、専門家ではない一般の方に真偽を判別することは難しく、断定する文体で書かれていれば間違った情報でも疑いもせずに鵜呑みにしてしまいがちです

  

このような間違った情報は極力検索結果に表示されない、検索上位に表示されなければ(目に触れる機会自体が少なくなるので)一般の方が信用し、損害を被ることも少なくなるのですが、残念ながら今の検索アルゴリズム、Googleでは情報の真偽まで判断することは難しいため、防ぐことは出来ないというのが実情です

 

今の検索アルゴリズムは検索クエリに対する関連性、検索の意図を読み解くことには優れていて、だからこそそれを適えるコンテンツは検索結果の上位に表示されやすいのですが、情報の正確性までは判断してくれていないのです。

 

今や検索エンジンを「何でも書いてある(調べられる)辞書」という感覚で使っている方も多いでしょうが、決してそうではないということを忘れないようにしておいてください。

 

(これは「検索によって情報を探した(能動的な行為によって情報を探り当てた)」ということも勘違いを起こしやすい要因の一つと言えそうです。人は情報に限らず「受動的よりも能動的に得たモノに価値を持ちたがる」生き物ですから。)

 

もちろん、ナレッジパネルに表示されている情報などグーグル側でコントロールできる部分に関しては、フィードバックを送ってもらえれば、修正できる。

しかし、ふつうの検索結果に出てくる情報に関して正確性を判断するのは、検索エンジンの役割ではない。

 

引用:

グーグルは情報の正しさを保証しない。嘘情報でも上位表示することがある などSEO記事まとめ10+2本 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

 

虫眼鏡を持っている女の写真

検索エンジンは「完璧」なツールではありません。

 

続きを読む

【SEO】いまだに語られるリスティング都市伝説と、ユーザーの検索意図を汲まない無意味なリライトと長文

SEO SEM 検索 リスティング Google コンテンツ

伝えたいことは…

  • 相関関係と因果関係をごっちゃにしていませんか?
  • リスティング(AdWords)に出稿すれば自然検索でも優遇される?
  • リライト、長文を目的にしていませんか?
  • 更新頻度も関係しているは間違い
  • 「答え」でなく「解き方」を理解する

相関関係と因果関係をごっちゃにしていませんか?

最近「リライトと長文はSEOに有効だ(検索順位が上がる)」というブログ記事をよく見かけるようになりました。

 

しかし残念ながらそれらの記事のほとんどが肝心の「ユーザーの検索意図」については説明しておらず、「リライトをしましょう(更新頻度を上げましょう含む)」、「文字数は最低でも2000文字が必要です」としか語っていません。

 

検索順位(検索評価)は検索キーワードそのものよりは検索意図に依存し、かつ、サイト(ブログ)のメインテーマにも依存することなので「一概には言えないこと」なのですが、そういった説明を抜きにして断定してしまっている記事が多いと感じています。

 

最近見たとある記事では、「リスティング広告は自然検索の順位に影響する」という都市伝説を検索評価の要因としていたり、また、どこから出してきたデータなのか分からない総文字数を掲げて、検索上位にする、SEO対策には3000文字が必要だという分析、結論にしていました

 

(「検索上位に表示させるために広告を利用している」という定義自体が私には理解できませんでした。有料リンクのことならばまだ分かりますが、リスティング広告と書いていたのでその言葉通り受けとります。)


受け手にしてみれば数字が示されるとさも正しいことのよう思えてしまいますが、相関関係と因果関係をごっちゃにしている分析は時として間違えた結論に至ってしまいます。

 

(そもそもデータの元となっていた総文字数の理論すらも私は理解できませんでしたが。)

 

このような間違った情報を鵜呑みにして、全く意味のないリライトや、長文を書くブロガーやライターも増えてきているようなので、今回はリスティング広告の都市伝説の否定とリライト、長文について説明したいと思います。

 

【SEO】SEOは「ユーザーに有益な情報を届ける仕組み(手段)」という前提を忘れていませんか? - 検索サポーター

 

 

お金を握りしめている男の写真

リスティングが優遇されるなら、検索上位は大企業だけで占められますよ。

 

続きを読む

【SEO】Googleは著者情報をコンテンツの評価対象にしておらず、オリジナルコンテンツも判断出来ている

SEO 検索 Google コンテンツ

伝えたいことは…

  • 著者情報は既に使われていない
  • サイトの権威性は関係しているのか?
  • オリジナルのコンテンツも判断出来る?
  • 少しでも被害を受けないようするには

著者情報は既に使われていない

Googleはコンテンツの品質評価、すなわち検索評価の対象として「その記事が誰によって書かかれたかという著者情報」は含めていません。

 

そのことがGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏とJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏の口から語られたことが『海外SEO情報ブログ』のエントリー「Googleは、誰が記事を書いたのかをコンテンツ品質の評価要素にしているのか? | 海外SEO情報ブログ」にてまとめられていました。


著者情報(オーサーシップ)はもう2年ほど前よりGoogleの検索結果には表示されなくなっています。

 

しかし、著者の権威性(オーサーランク)については、ある特定の場面では検索評価の要素にしているということがマット・カッツ氏の口から語られていました。

 

【Google】検索結果の著者名表示の廃止を発表 - 検索サポーター

 

今回のお二人の発言を言葉通りに受け取れば、今の検索評価では著者情報(オーサーシップ)は評価の対象としていないと捉えられます。

 

たとえば、僕がこのブログやWeb担の連載コラム、Googleヘルプフォーラム、Twitter、Google+で、SEOに関する有益な情報を絶えず発信していたとします。

投稿する場所は異なりますが同一人物による投稿だとGoogleは認識して、コンテンツの品質を評価するときに”僕”という個人を評価の要素にするかどうかを知りたかったのです。
つまり、ヘルプフォーラムの投稿やTwitterの投稿が、このブログの評価にも影響するかどうかです。

ジョンの短い答えから判断すると、影響はしないということでしょうかね。

 

引用:

Googleは、誰が記事を書いたのかをコンテンツ品質の評価要素にしているのか? | 海外SEO情報ブログ

 

Google検索を使っているユーザーは誰が書いたか(著者名)まで気にしていない、(著者名は検索ユーザーには必要な情報ではない)と判断したからこそ、Googleは検索結果から著者情報を消したのでしょう。

 

また、Googleは「検索結果は中身(コンテンツ)を重要視して判断している」と自負しているからこそ著者情報を消したとも考えられます。

 

×を出している男の写真

著者情報はいらない(見られていなかった)ようです。

 

続きを読む

【SEO】1週間以上経っても手動警告が消えないなら再度対処し、ヘルプフォーラムも活用しよう

SEO 検索 Google コンテンツ ディレクション

パンダアップデートが実施されたか?

先月末から多くのサイトにて検索順位が下落する現象がみられ、Googleがパンダアップデートを実施したのではないかと言われています。

 

(日本では特に先週末に大きく変動したようです。海外では以前より変化の兆候が見られていたことから、パンダアップデートが実施されたと言われていました。)

 

Google Says Panda Gets Tweaked But Has Not Fundamentally Changes

 

ただ、私が管理、関係するサイトに限ってではありますが、検索順位はほぼ変わりませんでした。

 

(こういったアップデートが起こっても大きく変化しない、もしくは検索順位が上がることのほうが多いので、私は今やほとんど気にすらしなくなっています。)

 

パンダアップデートはリアルタイムで実施されるようになりましたし、Googleは以前より「コアなアルゴリズムの変更についてはいちいち報告しない」というスタンスを取っています。

 

【SEO】Googleはコアアルゴリズムの変更については特に発表しない - 検索サポーター

 

また、パンダアップデートは内部SEOに大きく関係する、すなわち「コンテンツの質を再評価する」アップデートとも言えますので、検索順位の回復を行うには安易に低品質コンテンツを削除するよりも追記・リライトでコンテンツの質を高めるべきだと私は考えています。

 

(Googleのゲイリー・イリーズ氏も同様の発言をしています。)

 

すぐに対応出来ないのであれば、削除する前にnoindexにしておくことを私はおススメします。

(削除してしまうのはいつでも出来るますし、最終判断にしましょう。)

 

【SEO】パンダアップデートからの回復は削除よりも追記、リライトで改善するべき - 検索サポーター

 

 

パンダのぬいぐるみの写真

僕を気にするよりも追記・リライトするといいよ。

 

続きを読む

【ブログ運営】「検索サポーター」開設から2年。このブログを通して得られたものは?

ブログ運営 コンテンツ 雑記

伝えたいことは…

  • 開設から2年が経ちました
  • 最初に目的や指針を明確にする
    • 1.必ず自分の意見、考察を書く
    • 2.何も知らない人でも読める工夫をする
    • 3.何が嫌いかより何が好きかで自分を語る
    • 4.ニーズ(意図)を読む
    • 5.ローマ(ブログ)は一日にして成らず
    • 6.ユーザビリティを絶えず考える
    • 7.ユーザーとのコミュニケーションは極力取る
  • 2年間ブログを続けることで得られたこと
  • ただ続けただけではないからこそ得られた
  • これからもよろしくお願いいたします

開設から2年が経ちました

当ブログ「検索サポーター」が去る2016年7月1日に開設二周年を迎えました。

 

2014年7月1日にスタートした当ブログは、このエントリーを含めて568エントリーとなります。

 

おかげさまで最近は当ブログを通して仕事が増えたこともあり、ブログの更新時間がなかなか確保出来ず、更新頻度もかなり落ちてしまっています。

 

書籍の執筆、出版が終われば仕事もある程度は落ち着いて、時間に余裕が出来ると踏んでいたのですが、その予想は見事に外れ、逆に出版後のほうが仕事が増えたことにより今まで以上に自由な時間がなくなってしまいました。

 

(それはそれで嬉しいことではあるのですが、ブログの更新以外の他にやりたいことが出来ないというジレンマも感じています。)

 

※ ちなみに私の本はただ読むだけでなく、自分で考えて手を動かすからこそ「文章力が鍛えられる」本です。ご購読いただけると幸いです。

文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方

文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方

 

 

続きを読む

【ブログ運営】目的を変えて自分自身を縛ってない?本当にやりたいことを見極めよう

ブログ運営 コンテンツ SEO 検索

伝えたいことは…

  • あなたのブログの本当の目的は何ですか?
  • 好きなことを好きなように書いて稼げる?
  • 途中で目的が変わってもよいが…
  • 本当にやりたいことを見極めよう

あなたのブログの本当の目的は何ですか?

「PVが増えないのですが、どうしたらいいんですか?」

「アフィリエイト収益が増えないのですが、どうすればいいですか?」

 

私は職業柄、一般のブロガーさんとお話をすることも多く、上記の質問を受けることがとても多いです。

 

そこで私はそのブロガーさんのブログを拝見させていただくか、どんなブログを運営しているかを聞くのですが、ほとんどの方が特にテーマを決めていない雑記ブログ(日常系ブログ)を運営しているという答えが返ってきます。

 

(テーマを決めていても、実際に見てみるとそのことについて書かれたエントリーが少なくて、実質雑記ブログになってしまっているブログも多いものです。)

 

私はそういったブロガーさんには逆に質問をします。

 

「そもそもこのブログの最初の目的(開設時の目的)は何でしたか?」と。

 

答えはたいてい「趣味(自分の見解の発表の場)」か、「目的すらなかった」と返ってきます。

 

続けて私は「では、いつからPVや収益を目的にしましたか?きっかけは何でしたか?」と質問をします。

 

その答えもたいてい「話題になっているブロガー達が有名になれる(PVが稼げる)、儲かるって言っているから自分も稼ぎたいと思って…」と返ってきます。

 

確かにここ暫くは権威があることを自慢したいのか「月○○万PV達成した!」とか「今月は○○万円儲かった!」と、しきりに喧伝しているブロガーさんが多く、そういったブログは良くも悪くも目立っています。

 

目立つことで多くの称賛、批判が集まりますし、例えそれが炎上であったとしても、注目を浴びることはさも本当に人気があるように見えてしまうものです。

 

そして、そんなブロガーが発信する情報を鵜呑みにして感化されてしまう人も多く、ブロガーたるものPVもアフィリエイト収益も稼がないといけない、「好きなことを好きなように書いて稼いでナンボだ」という概念に捕らわれてしまっているブロガーさんも多いものです。

 

お金のポーズをしている男の写真

最初は稼ぐことが目的でしたか?

 

続きを読む
Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.