読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【SEO、SEM】実際に検索してみることが一番参考になる

SEO SEM 検索 コンテンツ

「検索流入を増やす」ではなく「検索流入のニーズを読む」

『ITメディアマーケティング』にSEOの基本的な考え方である「キーワードに対応するコンテンツがなければ上位表示は難しい」こと、また、「キーワードを含んだ記事を書けば上位表示できる」ということではないと書かれたエントリーがアップされていました。

ちょっと待て!そのキーワード、検索結果は確認した? - 以上、SEOの現場からお伝えしました。

 

正しくその通りであり、SEOに限らずSEMでも全く同じ考え方が生かせると私は考えています。

 

本質は「検索流入を増やす」ではなく、「検索流入のニーズを読む」ことです。


【SEO、SEM】「検索流入を増やす」ではなく「検索流入のニーズを読む」 - 検索サポーターのアンテナ

 

検索流入のニーズを読むためには実際に検索する

では、検索流入のニーズを読むためにはどうすればよいのでしょうか?

 

それは実際に検索をしてみるのが一番参考になります。


SEO、SEMとも「そのワードで検索をかけた場合、どんな検索結果になるか」を実際に検索をかけて確認してみることで、どんな情報を持つサイトが上位に来るのか、また、ライバルサイトとなるであろうサイトがSEM(特にリスティング)でどんな広告文を出稿しているのかも分かります。

【ブログ運営】実際に検索してライバルサイトを見てみる - 検索サポーターのアンテナ


SEOならなぜこのサイトは上位表示されるのかを考えるとよいでしょう。


分かりやすい文章なのか、使いやすい(ユーザビリティに優れている)サイト構造なのか、Q&Aが充実しているのか、ユーザー参加型コンテンツがあるのか・・・etc

 

SEMならどんなタイトル、広告文で誘引するように工夫しているかを考えることが出来るでしょう。


どんなお客さんを呼び込もうとしているのか、広告文と飛び先のページ内容が一致しているのか・・・etc

 

手招きしている男性の写真

どういった方法で人を集めているか?

 

 

その上で個性を出すこと

実際に検索をしてみて傾向を掴むことが出来たら、それを生かしたコンテンツ作成を行います。

 

コンテンツの大前提は「検索してきたユーザーに有益な情報を与える、満足させること」です。

だからといって「他のサイトと同じようなコンテンツを用意するだけ」ではただのコピーですし、差別化を図れません。

 

ユーザーのニーズを踏まえ、その上で自分ならではの情報、思考、方法等を提供する、個性を出すことが他のサイトよりも優れたコンテンツになりえるのだと私は考えます。

 

 

Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.