読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索サポーター

情報、人を「検索」から集めることをテーマに、WEBの情報(主にSEO、SEM)を積極的に発信しています!


スポンサーリンク


【ブログ運営】雑多なブログは稼げないし、SEOも弱いことをもう一度語る

ブログ運営 広告 Adsense SEO 検索

有名ブロガーならまだしも、ネームバリューがなければ

つい先日、誤タップは稼げなくなることを当ブログでエントリーしたのですが、鈴木さん(id:suzukidesu23)に言及いただきました。

 

そのエントリーがとても興味深いものでしたので、私もAdSense(広告)について、また、SEOを絡めて雑感を書いてみようと思います。

 

アドセンスの収益が2ヶ月連続で10万円を超えたのでアップさせる方法みたいなものを書いてみる - 鈴木です。

 

結論から先に言えばタイトル通りなのですが、「雑多なブログは稼げないし、SEOも弱い」です。

 

逆に「雑多なブログでも稼げて、SEOも強い(強く見える)」のは、著名人や有名ブロガーなど、ネームバリューがある人だけです。

 

それはブログに価値、興味があるのではなく、そのブログを発信している「人」に価値、興味を持たれているだけのことです。

 

勘違いしてその人たちが言う事と同じことをしても絶対に稼げませんよ。

  

稼ぎたいんや!

稼ぎたいんや! 

 

なぜ雑多なブログは稼げないか

もっともこれらのアフィリエイトを行った方がアドセンスよりも収益はよくなると言われていますし、ブログの中身を今から突然こういうものに変更しても違和感があってせっかくついた読者が離れる可能性が高いのでおすすめしません。

ただし雑多なこのブログのようなものは本当に稼ぎにくいと言えます。

ある程度テーマがあった方が稼ぎやすいのは間違いないです。

 

引用:

アドセンスの収益が2ヶ月連続で10万円を超えたのでアップさせる方法みたいなものを書いてみる - 鈴木です。

 

雑多なブログは稼げません。

 

いや、正確に言えば「お小遣い程度」は稼ぐことは出来ます。

 

ですが、それ以上に稼ぐとなると雑多なブログでは限界があります。

 

雑多なブログはコンテンツの量やコンテンツ内容のリライトのし易さがあり、多くのテーマを扱います。

 

よって、それだけ流入する窓口(きっかけが)広くなるというメリットがありますが、逆に書けば書くほど全てのエントリーの内容を薄める、更に雑多となるため、専門性を薄めてしまい、軸がなくなるというデメリットもあります

 


自動で広告内容が変わるAdSenseに関しても同じようなことがいえます。

 

コンテンツが雑多であればあるほど、表示されるAdSenseの精度も落ち、コンテンツと一致しない(関係の薄い)広告が表示されることにもなります。

 

また、コンテンツと一致しない広告、適切なAdSense広告がない場合は「内容関係なくてもとにかくインプレッション(表示)させたいという広告」が表示されることが増えます。

 

もちろんその広告のCPC(クリック当たりの平均収益額)は低いものに設定されています。

 

更に言えば、AdSense枠はリマーケティング枠としても使われることが多く、リマーケティング広告はユーザーに依存した広告が表示されるので、コンテンツと関係ない広告が表示されることにもなります。

 

このようにただでさえ押されにくい広告で、コンテンツと一致しない広告や、ユーザー自身がしつこく目にしている広告が表示されるのですから、押される可能性は更に低くなりますし、押されてもCPCが低い広告となるのです。

 

更に言えばコンテンツとの関係が薄い広告ですから、もちろんSEOにも弱くなります。

 

クリック率(数)で判断してない?

 クリック率(数)で判断してない?

 

 

クリック率(数)で判断すると間違える

エントリー中にAdSenseを貼っているサイト、ブログをよく目にしますが、鈴木さんの仰る通り、クリック率は高くてもCPCはかなり低い広告ばかりになります。

 

実はこの「クリック率が高い」というのが、勘違いをさせる要因でもあったりします。

 

エントリー中にAdSenseを貼っている人のほとんどが、単純に他の場所よりも「たくさんクリックされるから設置している」としか考えていないのではないでしょうか。

 

エントリー中に自動広告を出しても、それまでのエントリーの流れと広告が一致しないのは言わずもがなですし、エントリー中に関係のない広告をクリックするということは、ユーザーが興味を失って、そのページから離脱しようとしていることと同義です。

 

また、前述の通りCPCが低い広告が表示されることが多いため、クリックされる割には額が少ないことになります。

 

小休止という意味で段落の区切りで画像を貼るとかならまだ理解は出来ますが、段落の区切りでもない文中に脈絡もなく広告が表示されて違和感を覚えない人がいないわけがありません。

 

ですが多くのサイト、ブログは結構これをやっているのです。

 

なぜなら誤クリックであろうとも、飽きてページ離脱であろうとも「たくさんクリックされるから」です。

 

ユーザーにコンテンツを最後までじっくり読んでもらうことよりも、途中であっても広告をクリックして離脱してもらうほうがお金になるからいいよねという本音が空けて見えてしまっています。

 


また、AdSenseには「広告」「PR」「スポンサーリンク」などのラベルをつけることがルールとして明文化されていますが、中には広告と悟らせないようにラベルをつけず、インデントで区別すらもせずに文中に潜ませているサイトやブログがあります。

 

(明らかにユーザーに勘違いさせる、コンテンツの一部と見せかけているものがあります。)

 

そんな姑息なことをしているサイト、ブログの内容を誰が信じるのでしょうか?

 

そういうサイト、ブログに限って「マネタイズは・・・」とか、「SEOは・・・」とか得意気に語っていたりするのですが、私にしてみれば内容はもちろん、説得力すらもありません。


(それでも何も考えずに鵜呑みにしてくれる人をターゲットにして書いていることは分かりますけどね。)

 

検索順位落ちてるわー(泣)

検索順位落ちてるわー(泣)

 

 

SEOも弱くなる

これについては以前にエントリーした通りなのですが、雑多なブログはある程度までは検索流入が右肩上がりで増えていきますが、いずれ頭打ちとなり、どうやっても専門的なブログには検索順位で勝てない状況が訪れます。

 

【SEO】雑多なブログは検索順位が上がりにくい? - 検索サポーター

 

知名度が高い人の発言は、最初こそ影響度がとても高いのですが、次第に影響度は薄くなっていきます。

 

その知名度(被リンク、ドメインパワーなど)から、最初は検索順位も上位に来るわけですが、時が経つにつれてその重みは減っていきます。

 

その減り方もサイト、ブログが雑多(他のエントリーとの関連性が薄い)であればあるほど、検索エンジンは「検索ワードと関連性が薄いコンテンツ」だと判断し、検索順位を大幅に下げることになります

 

知名度が高いだけで最初に検索上位に来ただけなのに、それに味をしめて専門外のことを何度も喧伝していると、逆に「門外漢のくせに」「素人のくせに」とネガティブに受け取られることすらあります。

 

特に雑多なブログは「専門家ではない素人」だからこそ、最初こそはその発言が「価値がある」「興味深い」と判断されるのですが、素人がずっと同じような論調で語り続けていても、「進歩がない」「ただ言いたいだけ」と、次第に厳しく判断されるようになるだけです。

 

(だからこそ論調がどんどん過激になって、煽り、炎上に走るブロガーも現れたり。)

 

逆に知名度が低くても、サイトやブログの内容が一貫している、メインテーマに対して色々な観点から書かれたエントリーが多いコンテンツとなると、「さすが専門家だ」と評価されることになります。

 

(私も当ブログが特化している、専門的であるからこそ当ブログよりWEBコンサルタントや、SEO、寄稿などのお仕事を貰えています。)

 

知名度の高い人が興味本位で語ったことと、知名度は低いけど専門家の目を通して語ったこと。

あなたはどちらの意見を信じますか?

 

この評価基準は人だけではありません。

検索エンジンも同じ評価基準なのです。

 

検索で流入してくるユーザーのためを考えると、明らかに後者のほうが関連する情報を多く提供してくれるコンテンツが用意されていると言えますし、だからこそ検索エンジンも評価をする、長い目で見るとSEOにも強くなると言えるのです


ちなみに広告の観点からひとつだけつけ加えるなら、過剰な広告もSEOを弱めることになりますのでご注意を。

 

【Google】過剰な広告はやはり検索評価を下げる(ペナルティになる) - 検索サポーター

 

 

それでも雑多なブログで勝負したいのなら

それでも雑多なブログで勝負したい、稼ぎたいというなら・・・ブログのコンテンツで勝負するのではなく、あなた自身(ブログそのもの)が有名になることを目指してください。

 

ハッキリ言ってしまえば雑多なブログには専門性なんか求められていません。

 

この人は「面白いか面白くないか」、この人は「意外な観点から物事を語るかどうか」など、人と違うバリューを提供してくれるかどうかでしか判断されないからです。


「稼ぎたい」と思うなら、先ずは「自分はどちらを目指すのか(どちらで稼ぐか)?」と考えてみてください。

 

自分がやるべきことが見えてくるでしょう。

 

※ 参考エントリー

【ブログ運営】ブログで収益を上げるには専門かつオリジナルコンテンツを作成すること - 検索サポーター

 

【ブログ運営】ユーザーのことを考えて価値を与えれば、SEOにも強くなり儲かります! - 検索サポーター

 

Copyright © 2016 サーチサポーター All rights Reserved.